無垢フローリングの水シミが気になったので、天然無添加ワックスでお手入れしてみました!

無垢フローリングの水シミが気になったので、天然無添加ワックスでお手入れしてみました!

自宅が完成してから、6月で3年になります!めっちゃ早い!!

内装の漆喰の壁は、自然にヒビが入ったり、ぶつけてへこましたり欠けたりするので、上から漆喰を塗るメンテナンスはしていました。

これは小さな刷毛がなくて、適当に指で塗っていたから残念な例です笑。

他にメンテナンスするところは特にないなーなんて考えていたのですが、よく見たらフローリングの水シミがひどい!!

なのでそのときのお手入れ方法を記事にしたいと思います。

床はアジアンウォールナットで、塗装もなにもしていない

「水がかかったりして気になるところは、無添加ワックスを使ってもらえれば大丈夫ですよー!」と引き渡し時に言われていたのですが、なにもせずそのままの床で過ごしていました。(トイレも洗面周りも)

かなり濃いめの色なので、水シミができても薄いフローリングよりも目立ちにくいのです、実は。(ホコリも目立ちにくいのでそうじをサボりがち笑)


休日に、ぼけーっと窓際で日向ぼっこをしていたら床のシミを見つけてしまいます!!

わたしはやる気スイッチがONになったらもう止まらないので、いきなりメンテナンス開始です。

正直無垢フローリングは削ったり、濡らしてスポンジでゴシゴシしても汚れやシミが取れるのですが、経年によって色あせてきたフローリングの色を復活させたい気持ちやシミがつきにくくするために、ワックスを試してみました。(汚れを取ってからワックスをした方が良いです。面倒でしなかった!)

ハゼロウ入りの無添加住宅オリジナルの天然無添加ワックスを使います!


家を建てたときにもらっていたお手入れセットの中のワックス!!

我が家は無添加住宅の代理店である「無添加住宅さつまホーム」でメタフィスハウスを建てたので、「無添加住宅オリジナルの天然無添加ワックス」です!


一般的には蜜蝋ワックスなどがよく使われているかと思うのですが、このワックスの成分は「茶の実油とオリーブオイルとハゼロウ」。ワックスというよりもオイルですね!

ハゼロウってなんやねん!と思って調べてみると、櫨(はぜ)という植物の実を搾った油脂らしい。蜜蝋よりもなんだか優しい成分な気がするのはわたしだけ?(嫌なニオイもしないですよー)


ウエス(いらない布)で薄く塗ってね!と書いていたのですが、ウエスだと塗りすぎてしまいそうなのでスポンジで薄く塗ることにしました!


こんな感じで薄く塗っていきます!!

スポンサーリンク

一番汚れがひどいのはうさぎのブランくんのお水ボトルの近く


ほんとモザイクを入れたいくらいに汚い!!(肉眼ではここまでひどくなかったんですけど、ライカQさんの写りが良すぎるー)

ブランくんの水のボトルをセットするときにちょこっとこぼれて、拭かずに放置するとこうなります。


じゃーん!ワックスを薄ーく塗るだけで木目も濃くなって、シミも目立ちにくくなったのがわかりますか??

ブランくんのお家のキャスター付近はなにもしていないので、かなり色あせていてシミもひどいですよね。

思いついたのが午前11時頃だったので、1時間ほどでリビングの一部分だけお手入れして終了しました。(お昼ごはんなのでね)

最後に

最初の頃はもう少し濃かったフローリングの色も、年々色あせているんだなーと気付かされました。

キッチンとリビングの境目や、トイレ、洗面付近もかなり汚れてきたのでボチボチメンテナンスしていきたいなーと思っております。

この蜜蝋ワックスかっこいい!!

漆喰の壁で、無垢材のフローリングだとお手入れが大変!!だとみなさん思われると思います。

メンテナンスの面倒さよりも、普段暮らしているときの居心地の良さの方が大切だと思ったので「メタフィスハウス」を建てました。(はっきり言うと、他の家やホテルに泊まるのは辛い…我が家の木の香りや空気が良すぎます。)

漆喰は上から塗るだけのメンテナンスだし、無垢フローリングは傷やへこみの修理も楽ちんなんです。

長く住める無添加の家は最高です!!ぜひ家作りのカテゴリーを見てみてください。

思っていたよりも家が早く建ってしまったので、記事が少なくてごめんなさい笑。

かなり早く家は建ったんですけど、打ち合わせは2年くらいしていたので家についての知識は無駄にあると思います。家造りでお悩みの方!LINE@などでなんでも質問をどうぞ。

そしてメタフィスハウスが気になる方はさつまホームさんを紹介しますし、我が家に来ても良いですよ。(片付けるので1ヶ月くらい前に言ってもらえれば笑)

スポンサーリンク

Recommend&Sponsored