【レビュー】X100V用にNiSi UHD UVレンズフィルターを購入しました!すっきりした見た目が好きならオススメ

【レビュー】X100V用にNiSi UHD UVレンズフィルターを購入しました!すっきりした見た目が好きならオススメ

出かけるときにカメラをバッグに入れることが多いのですが、エコバッグなど入れるものが増えて奥行きのないカメラが欲しくなりました。(カメラを買う言い訳)

以前使っていた「X100F」というカメラは色々としっくりこないことがあって手放したのですが、その後継機「X100V」がよくなっているような気がして購入しました。

「購入しようか、どうしようか…」と迷っているときにInstagramで見つけたのが、 “NiSi UHD UVフィルター” をつけたX100Vの写真。実はこのフィルターがX100Vを購入するきっかけになりました。笑

  • フジツボフードのような見た目が好き
  • スクエアフードよりもカメラのデザインが引き立つ
  • X100Vだと純正のレンズキャップが取り付けられる
  • 防塵防滴にしたいなら、純正のアダプターフィルターがおすすめ

フジツボフードとフィルターが一体化したようなデザインで、純正フードやスクエアフードよりも見た目が好みだったんです!!(リングがたくさん重なっているのがあまり好きではないのも理由)

純正のフィルターと純正のアダプターを取り付けると防塵防滴になるようですが、わたしは必要なかったので “NiSi UHD UVフィルター” がお気に入り。

シルバーもありますが、在庫が少ないところが多いようです!

わたし
以前使っていたX100Fはスクエアフードが使いたかったので購入しました…(そんなのばっかり)

スポンサーリンク

2分ほどの解説動画 NISI UVフィルターについて

【FUJIFILM X100V アクセサリー】スッキリした見た目がいい!アダプターリングのいらないNiSi UVレンズフィルター

よろしければYouTubeのチャンネル登録をお願いします

X100シリーズ用のNiSi UHD UVフィルターのブラックを購入しました

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用の箱
このようなシンプルな箱に入って届けられました。イエローのロゴがアクセントになってかわいい。

わたしはは本体がブラックなのでブラックにしましたが、シルバーカラーもありますよ。

わたし
X100Vをブラックにした理由は、シルバーだとビスの色が目立ったりパーツの色がボディと違うことが多いからです!

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用は樹脂のケースに入っている
プラスチックのような素材に守られて入っていました。

価格が5000円ほどなので、簡易な梱包だとショックですよね!

フィルターにある文字はカメラの下側になるから目立たない

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用の文字
カメラのフィルターは文字が目立ってしまうものが多いですよね?このフィルターも白い文字が目立ちます。(あとから黒く塗る予定)

後ほど出てきますが、X100Vに取り付けると文字の部分はカメラの下側になります。

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用のフィルター内側は起毛素材
フィルターの内側の側面には少し起毛した素材が貼られていました。

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用のフィルター部分
UVフィルターは透過性の高い光学ガラスを使用しているので、安心!

室内や屋外で撮影してみても違和感はなかったです。

X100VにフジツボフードのようなNiSi UHD UVフィルターを取り付けてみた

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用は純正のリングを外して取り付ける
レンズ部分についているマウントリングを外します!(なくしやすいので、わたしはカメラが入っていた箱に戻します)

その後時計周りにくるくる回すとフィルターの取り付けが完了!

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用を取り付けたところ
正面から見るとこのような感じ。クラシカルなX100Vのデザインにマッチしていますね。

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用を取り付けたところ上から
上から見るとこのような感じ!すっきりしているし、奥行き1cmほどなのも魅力!

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用は取り付けると文字が下側になる
リング部分の文字は、レンズの真下ではなく少し斜め下になりました。

NiSi UHD UVフィルターはX100Vの純正キャップを使えるのが魅力

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用は純正キャップを取り付けられるのが魅力
金属製のフジフイルム純正キャップのデザインが好きなので、フィルターをつけたままレンズキャップが使えるのが魅力!

メーカーサイトには、レンズキャップを取り付け可能なのはX100Vのみと書いてありました。

X100FにNiSi UVフィルターを取り付けると、X100Fに付属の金属キャップを奥まではめることができません。お気をつけくださいね。

なにもつけない場合のX100Vは物足りない

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用を取り付けない状態

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用を取り付けていないと物足りない
すっきりしてていいけれど、NiSi UHD UVフィルターを取り付けた方が好み。

スクエアフード MARK II は見た目がいいけれど、ビスで取り付けるのが面倒だった

X100Fにスクエアフードを取り付けたところ(横から)
X100Fに取り付けていたスクエアフード。X100Vにも使えます。

X100Fにスクエアフードを取り付けたところ(上から)
気に入って使っていたのですが、ビスで固定しないとだめなので気軽に取り外せませんでした。

あと四角いキャップは見た目が気に入っていたけれど、バッグの中で迷子になることが多め。

シンプルな見た目が好きならオススメのフィルターです

NiSi UHD UVフィルター X100シリーズ用を取り付けたところ2

防塵防滴性能が必要なら、フジフイルムのフィルター(PRF-49)アダプターリング(AR-X100)の組み合わせがオススメ。

ですが、すっきりした見た目が好みならNiSi UHD UVフィルターもいいと思います!

わたし
他に買ったアクセサリーやカメラのレビューは気が向いたら書くと思います。

ストラップはARTISAN&ARTISTのシルクストラップを使っています

アルティザンアンドアーティスト シルク平唐ぼかし紐ストラップ グラデーション ブラック・ネイビー グラーデーションがわかるかな?

ARTISAN&ARTIST グラデーションシルクコードストラップ ブラックシルバー グラデーション M10-Pと

スポンサーリンク