【開封レビュー】NuAns NEO Reloadedはこだわりいっぱいのおサイフ対応スマートフォン

【開封レビュー】NuAns NEO Reloadedはこだわりいっぱいのおサイフ対応スマートフォン

スポンサーリンク







ご覧いただきありがとうございます! blancoo_house(@blancoo_house)です。

以前のモデルNuAns NEOは気になっていて予約したのですが、Windows 10 Mobileなので結局予約をキャンセルしたという経験があります。その代わりにNextbit Robinを購入したのが去年の今頃。

Robin!! Photo by iPhoneSE #nextbit #nextbitrobin #midnight #vsco #vscocam #iphonese #applewatch

blancoo_house | Nami Takenakaさん(@blancoo73)がシェアした投稿 –

できるだけ持ち物が人と被りたくないと思っている変わり者なのですが、最近は特に気になるスマホもなくiPhone7のジェットブラックを使っていました。

iPhoneが悪いわけでもないのですが、飽きてきたのでそろそろ違うAndroidを使いたいなーと。以前は「au design project」や「iida」が好きでINFOBARシリーズは全種類使ったことがあります笑

今回発売したNuAns NEO[Reloaded]は念願のAndroidなので、発表されてすぐ予約して購入しました笑 INFOBARなどが好きだった方には好まれるデザインではないかな?と思います。

個人的には、おサイフ機能とauのVoLTE対応のSIMフリー端末っていうのが一番魅力的で、カバーも変えられるから飽き性のわたしにはぴったりです!

正直ちょっと使いづらいなと思うところや、残念に思うポイントもありました。早速パッケージからチェックしていきます。

【開封レビュー】NuAns NEO Reloadedはこだわりいっぱいのおサイフ対応スマートフォン

パッケージが個性的!

これはパッケージのフタを開けて、中の本体(CORE)の入っている部分を取り出してみました。

遊び心があってめっちゃかわいいんですけど、スレによる色あせや傷が気になりました。ブラックのマット素材だからしょうがないとは思うのですが、残念ポイント。

すみません。フィルムをはがした後に撮ったので汚いのですが、上の部分に説明書、真ん中に本体、下にUSB TYPE-Cのケーブルが入っています。

スポンジの緩衝材から本体を取り出すと、紙が巻かれていました。なんとこの紙が説明書のような役割!本体に巻いてあると説明書を別に読むよりも名称が分かりやすいですね!!

これはCOREと呼ばれる本体。ディスプレイガラスの端の方が2.5D加工と呼ばれる曲面仕上げです!(Galaxyほどではないですけど。)

[Reloaded]はクリアブラックのカバーつき

NuAns NEOではカバーは別売りだったのですが、[Reloaded]ではクリアブラックのカバーが付属していました。半透明の素材なのですが、このまま使っても悪くないかも!


このカバーにはNuAnsのシールが貼られていました。もちろんはがせます(少しシール跡が残ります)。カメラの反対側にSIMやSDカードのマークが透けているのが見えますか?


きっちりボタンもケースについています!ボタンはブラックで、他のカバーと同じ素材感でした。


シールをはがした付属ケースと、早期予約者限定のおまけケースをつけた本体です。

おまけですが、販売されているものと同じものでした。ツートーントップカバーのホワイトとボトムカバーはブラックです。

買おうかなと思っていた色がおまけだったのでかなりうれしかったです!トップカバーにはNuAnsのエンボスがあります。

本体を見ていきます


丸みをおびたフォルムなので持ちやすいです!厚さが11mmもあるので心配でしたが、特に違和感なく使えています。ケースをつけているiPhone7を持ったら「薄いっ!!!!」と感じます。


ホワイトブラックでシンプルですが、ストーン素材やデニムやウッド素材やコルク素材のカバーもあるので飽きたら購入します!!


上部はなにもない、凹凸加工がされた金属製。以前のNuAns NEOはこのような加工がありませんでした。凹凸により傷がつきづらいと思います!


底面にも凹凸加工が施されています。工具にも滑り止め用にギザギザしているものがありますよね?そんな感じです!

左からイヤホンジャック、マイク、USB TYPE-C接続端子、スピーカー、ストラップホールです。


トップとボトムのカバーは段差がなくフラット。取り付け方によっては段差ができる時があったり、サイド部分に段差ができるときがあったりさまざまです笑

素材が違うともっと段差ができやすくなるのかなーと不安だったりもします!


ディスプレイの下の方にあるのが指紋認証センサー。iPhoneのホームボタンのように押すことはできないので、触れるだけ。

設定でホームボタンとしても割り当てられるので、タッチするホームボタンとしても使えます!今のところ指紋認証に不満はなく早く認証してくれます。(親指だからかもしれませんね!)


トップカバーを外すと、ボタンを押すメインの部分が出てきます!なぜかその部分のシートが少しはがれているんですよね…(右下参照)わたしの取り外し方が雑なのでしょうか笑


すべてのカバーを外すとこのような感じ。左端のカードのようなものは、クリーニングカード。裏側はマイクロファイバーのような起毛素材になっていてディスプレイを綺麗にできます!(カードポケットに収納できますよ)

フェリカマークがありますね!まだおサイフ機能は一切使っていないのですが…笑


防塵防滴仕様なので、SIMスロットやmicroSDスロットにカバーがあります!

ちなみにNuAns NEO [Reloaded]はmicro SIMなので、nano SIM→micro SIMの変換アダプタが同梱されています。薄いフィルムが貼ってあるタイプのものでした。(ちなみに今はnano SIMなので同梱していた変換アダプタを使っています。)

付属品


NuAnsのロゴ入りのUSB Type-Cケーブル。ケーブル部分はファブリック素材なので、使い勝手◎

樹脂部分のバリの処理が雑でめっちゃ気になりました。それだけで安っぽく感じてしまうので、残念!!(気にしすぎかもしれませんが笑)


USB Type-A側がリバーシブルなのでうれしい!いつも接続するとき戸惑うんですよね笑

aptX/aptX HD対応

BluetoothがaptX/aptX HD対応なので、かなり音がよく感じました。途切れにくいです。(対応のBluetoohtヘッドホンだけですが。)
SONYのMDR-XB950N1を使っています。

起動画面にこだわり


すごい細かいところなんですけど、この起動画面がすごい好きなんです!手で書いているような感じがタマラナイ!!!

最後に

個人的には気に入っているのですが、まだ使って1週間も経っていませんので開封レビューだけにしてみました。

まだおサイフ機能を使っていないし、SIMもUQモバイルのレンタル品を使っているので本格的に使うようになったらもう一度レビューを書こうと思います。たぶん笑
(auに残るか他のMVNOに移るか考え中です。auだとSIM変更が面倒で料金も上がっちゃうんで…UQモバイルは今レンタルしていますが通信速度早いです!)

今のところ気になるところは、ときどきWi-Fiが切断されたりすることですかね!頻繁ではないのですけどね。

あとiPhoneと比べるとタッチパネルの反応が遅い時があります!頻繁ではないので大丈夫 笑

タッチパネルの端部分が反応しないところも少し気になりますが、スワイプすることが少ないので今のところ大丈夫です(サイドの曲面近くの部分をスワイプなどする場合なので、スワイプするランチャーを使っていると不便かもしれません)。

IIJmioでも取り扱っていますし、お値段も安いです。

おサイフ機能入りのSIMフリースマートフォンは限られていますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね!!(au VoLTE対応も)

最後までお読みくださりありがとうございました。ではまた//

スポンサーリンク







合わせて読みたい記事



(最終更新:2017-06-20)