【レビュー】KINTO アロマオイルウォーマーは癒やされるデザインで使い勝手もお気に入り

【レビュー】KINTO アロマオイルウォーマーは癒やされるデザインで使い勝手もお気に入り

今までさまざまな香りのアイテムを紹介したきたのですが、今回はお湯とアロマオイルを加熱して使うタイプを購入しました。

購入したのはコーヒー器具のようなデザインが素敵な「KINTO(キントー) アロマオイルウォーマー」です。

丸みを帯びたガラスカップをティーライトキャンドル(小さいキャンドル)で加熱して、香りを楽しみます。

炎がゆらめく様子にも癒やされるし、香りにも癒やされます!

カップは取り外し可能で、キャンドルカバーも本体から取り外せるのでお手入れも簡単。

  • デザインが好き
  • キャンドルが一般的なサイズでうれしい
  • ガラスカップを洗うのは大変
  • とても癒やされる

というのが10回ほど使った感想。

オイルを入れて加熱するとガラスの内側にオイルのベタつきが残ります。ガラスカップの入り口が細いので、わたしは手を入れて洗うことが多め。

電源もいらないし、どこででも使えるからお気に入り。

わたしはブラックを購入しましたが、カッパーカラーもありますよ。

わたし
新製品として発表されたときに一目惚れして、発売日に購入しました!買ってから出すまでは遅かったけど、使い始めたらそんなに面倒ではなかった。わたしはパソコン部屋で使っています!

スポンサーリンク

動画でも解説:KINTO アロマオイルウォーマー(9分)

【香りと炎に癒やされる】KINTO アロマオイルウォーマーがお気に入り【レビュー】

箱も本体もKINTOらしい素敵なデザインがいい

KINTO アロマオイルウォーマーの箱

KINTO アロマオイルウォーマーの箱のロゴ
クラフトボックスに小さな商品名とロゴのみ。

このパッケージならプレゼントとして贈ってもよさそうですね!

KINTO アロマオイルウォーマーの箱の中身
パーツごとに分かれて収納されていました。ガラスカップはピッタリサイズのスペースに収まっていました。

KINTO アロマオイルウォーマーに入っているもの

KINTO アロマオイルウォーマーのセット一覧
箱の中から取り出すとこんな感じ。

上からスタンド、キャンドル、キャンドルカバー、ガラスカップです。

ヘアライン加工されたステンレス素材のスタンド

KINTO アロマオイルウォーマーのスタンド(ブラック)
スタンドの高さは9.5cmほどとコンパクトなサイズ感です。

わたしが購入したのはブラックカラーなのでかっこいい印象!あと1つはカッパーカラー。どちらか迷ったのですが、落ち着いた印象のブラックにしました。

KINTO アロマオイルウォーマーのスタンドの底部分は膨らみがある
この画像では見づらいのですが、細かなラインの入ったヘアライン加工のステンレス素材です。

つや消しなので指紋は付きやすいですが、簡単に拭き取ることができました。

KINTO アロマオイルウォーマーのスタンドを持ったところ
持つとこれくらいのサイズ感。

コーヒー器具に似たデザインなので大きいのかな?と思っている方も多いと思うのですが、これくらいの使いやすいサイズなので安心してください!

写真を撮り忘れたのですが、裏側にはシリコンゴムがフチに沿って貼られています。キャンドルの熱からデスクなどを守ってくれますし、すべり止めにもなっています。

KINTO アロマオイルウォーマーのスタンドのガラスカップ部分を留める部分
ガラスカップを差し込む金具の部分です。

溶接した継ぎ目の部分などが見えなくて、見た目がとても美しいんです!

小さなキャンドルとキャンドルカバー

KINTO アロマオイルウォーマーのキャンドルカバー
一般的な直径3.8cmほどのティーキャンドルとそのキャンドルを入れるカバーです。

KINTO アロマオイルウォーマーのキャンドルをカバーに入れたところ
キャンドルカバーとスタンドは同色。

スタンド部分からキャンドルカバーが取り外せるので、とても使い勝手がいいですよ。

KINTO アロマオイルウォーマーのスタンドにキャンドルを設置したところ
使い時はこのようにスタンド中央の少し出っ張りのある部分にキャンドルを置きます。

フォルムがかわいいガラスカップ

KINTO アロマオイルウォーマーのガラスカップの形状は洗いづらい
細くくびれた部分のある丸みを帯びたガラスカップ。

サイズは直径6.5×高さ6cmほど。

くびれた部分がスタンドに固定するので細め!なので中を洗うのはスポンジなどが入らないので大変です。

説明書を読んで気づいたのですが、食洗機が使えるようです。楽になった。

KINTO アロマオイルウォーマーの全体写真
スタンドに取り付けところ。

本当にこのデザインは素敵ですよね!かわいい。

KINTO アロマオイルウォーマーの全体を上から見たところ
上からみるとこんな感じ。火をつけると炎のオレンジ色が見えて癒やされるー。

KINTO アロマオイルウォーマーのサイズ感
ガラスカップもコンパクトなサイズ。

このガラスカップのみも公式サイトで購入できるようなので、割ってしまっても安心です。(1650円でした)

使い方は簡単!お湯を注いで火をつけるだけ

KINTO アロマオイルウォーマーに入れる水の量を計る
直接ガラスカップにお湯を注いても大丈夫なのですが、わたしは一度こぼしてしまったのでビーカーを使うことにしました…笑

KINTO アロマオイルウォーマーに入れる30mlのお湯
ガラスカップに入れるお湯の量は30mlほどと説明書に書いてありました。

水ではなく “お湯” と書いてあるので、ちゃんと守ってお湯を使っています!

KINTO アロマオイルウォーマーにお湯を入れる
ビーカーって注ぎやすいから便利ですよね!計量カップだときれいに注げなかったので、ビーカーを買いました。(ずっと欲しかったのでいい機会だった)

KINTO アロマオイルウォーマー用に使ったビーカーはハリオのもの。ダイソーにも似たタイプはあった
ダイソーにもビーカーは売っていたけれどインテリア用なので、熱湯は使わないほうがいいのかも。

今回使ったのはHARIOの50mlのビーカーでした。(理科の実験が好きだったので、フラスコやビーカーが好き)

KINTO アロマオイルウォーマーにお湯を入れたところ
30mlはこれくらい!

ガラスカップの半分より少し少ない程度ですね!

KINTO アロマオイルウォーマーにアロマオイルを5滴垂らす
あとはガラスカップにエッセンシャルオイルを5滴ほど垂らしました。

量は好みで調整しても大丈夫なのですが、5滴ほどがわたしにはちょうどいい香りでした。

KINTO アロマオイルウォーマーに使っているアロマオイルはiHerbで購入したもの
他のエッセンシャルオイルもありますが、iHerbで購入したnowのものが30mlほど入っていてお気に入り。

ペパーミントが700円ほどでした。購入しやすい価格なので、集めてしまう…笑

KINTO アロマオイルウォーマーキャンドルに火をつけるところ

KINTO アロマオイルウォーマーのキャンドルを置くところ
あとはキャンドルに火をつけてスタンド部分に置くだけです!

マッチを使うのがあまり得意ではない(時間がかかる)ので、スタンドからキャンドルカバーを取り外せるのがとてもうれしい。

KINTO アロマオイルウォーマーをつかっているところ
こんな感じで使います。

数分立つと蒸気が出てきて、いい香りを楽しめますよ。

使用時間は30分程度がオススメのようです。
加熱しすぎないようにしてくださいね!

マッチもいいけどガスマッチも便利

KINTO アロマオイルウォーマーに使うライター(ガスマッチ 優火スリム)
ライターはキャンドルに火をつけづらいので、「ガスマッチ 優火スリム」というチャッカマンのようなものを購入しました

KINTO アロマオイルウォーマーに使うライター(ガスマッチ 優火スリム)は軽くて使いやすい
ボタンを押すだけで簡単に火がつくし、小さくて見た目もシンプルだからお気に入り。

調べると高齢者向けの商品らしいです!大阪だとスーパーのレジまわりで見かけることもあります。

炎のゆらぎと光に癒やされて、香りも楽しめちゃう!

KINTO アロマオイルウォーマーを使っているところ1
さまざまなアロマディフューザーがありますが、火を使うタイプはやっぱり憧れでした。

KINTO アロマオイルウォーマーを使っているところ2

KINTO アロマオイルウォーマーを使っているところ3
すごい見づらいけれど、蒸気が出てきています!

KINTO アロマオイルウォーマーを使っているところ4
30分近くなるとこのように水滴が大きくなってきます。

わたし
わたしは何かに集中すると消すのを忘れてしまうので、Siriに30分タイマーをお願いすることが多いです!

KINTO アロマオイルウォーマーを使っているところ5
言葉では表現しづらいのですが、ちょうどいい感じに香るのでお気に入りです。

使い終わったあと、少しお湯が温かいうちにガラスを洗うとオイルのベタつきが取れやすいですよ。(食洗機でも洗うことができます)

キャンドルは一般的なティーキャンドルが使えます

KINTO アロマオイルウォーマーに使えるIKEAのキャンドル(GLIMMA100個入り )
家に大量にIKEAのティーキャンドルがあるので、今回はIKEAのものを使いました。

商品名は「GLIMMA グリマ 香りなしティーライト」です。

24ピースで129円
100ピースで499円で販売されています。

公式サイト以外では倍くらいの価格で販売されているので、IKEA公式ネットストアや店舗に行かれる機会があったらぜひどうぞ。

IKEAのキャンドル(GLIMMA100個入り )9回ほど使ったあと
キャンドル1個でアロマオイルウォーマーが8回ほど使えました。

KINTO アロマオイルウォーマーに使えるダイソーの100円キャンドル
ダイソーに販売されているものは、15個入りで110円でした。

KINTO アロマオイルウォーマーに使えるダイソーの100円キャンドルはベースからロウが取れやすい
ダイソーのものはアルミカップからロウが簡単にはずれてしまいました。使うときに問題はないと思うけど。

KINTO アロマオイルウォーマーに使えるダイソーの100円キャンドルを設置したところ
ダイソーのキャンドルは高さは少し低め。

KINTO アロマオイルウォーマーに使えるIKEAのキャンドル(GLIMMA100個入り )を入れたところ
IKEAのものだと付属品のキャンドルとあまり高さが変わらなかったです。

KINTO アロマオイルウォーマーに使えるキャンドル3つ(IKEA・ダイソー・付属品)
左からIKEA、ダイソー、付属品。

※IKEAのものは買って時間が経ったので黄ばんでいる。

KINTO アロマオイルウォーマーに使えるキャンドルの高さ
高さが変わっても特に影響はなさそうだけど、安価で使いやすいのはIKEAのキャンドルかも。

高さが1.5cmのものがよさそう!

ネットでは他にも多数のティーキャンドルが販売されていました!直径が3.8cm、高さが1.5cm程度のものを選んでくださいね。

KINTO アロマオイルウォーマーは見た目も使い勝手も満足

KINTO アロマオイルウォーマーにお湯を入れたところ
ガラス部分を洗うのだけが大変ですが、細いブラシなどを使えば簡単にできそう!(今は指を入れてハンドソープで洗っている)

5000円ほどなので少し高いな…と思われる方も多いと思うのですが、きっと気に入ってもらえるはず。

おうちにいる時間が増えていると思うので、炎のゆらぎと香りにぜひ癒やされてください。

寝室ではひつじのディフューザーを使っています

アットアロマのひつじのディフューザー「スリープシープ アロボックル」を寝室に置くとホコリがつきやすそう

記事内の上下にあるBookmark ボタンでお気に入りの記事を保存できます。
また見たい!と思う記事がありましたら、ぜひ登録してみてくださいね!

スポンサーリンク

Pick up