【レビュー】プッシュして簡単に香水を入れられる!TRAVALOのアトマイザーはボトルが外れて便利[PR]

【レビュー】プッシュして簡単に香水を入れられる!TRAVALOのアトマイザーはボトルが外れて便利[PR]

2年前くらいに簡単に香水を入れるアトマイザーを購入して使っていたのですが、スプレーの穴部分が変色してきたので困っていました。

本体の底から香水をプッシュして入れるタイプだと買い替える以外に方法がないのが困りますね…!

どうしようかな…と思っているときにメーカーさんから「TRAVALO(トラバーロ) アトマイザー」を2種類(ビジューとミラノ)提供していただきましたので、紹介します。

以前紹介したアトマイザーと同じで、香水のノズルから直接アトマイザーに香水が入るタイプ。やっぱり便利。

そしてトラヴァーロは香水を入れる部分と本体が別だから、使い勝手が特にいいと感じました。

  • 本体とインナーボトルが分かれている
  • デザインが3種類ほどある
  • ミラノは高級感あり
  • インナーボトルが少し握りにくい

以前使っていたアトマイザーは本体に穴が開いていたので香水ボトルからプッシュしやすかったのですが、トラヴァーロのインナーボトルは持ちづらいので、少しプッシュするのが難しい!と思いました。(慣れると思うけど)

インナーボトルが多数入ったセットもあるので、さまざまな香水を楽しむことも可能!

香水のノズル部分の太さは、2〜5mmまで対応します。まず愛用中の香水のノズルの太さをご確認くださいね。

スポンサーリンク

2分ほどの動画:トラヴァーロのアトマイザーについて

香水をダイレクトに入れられる!香水のアトマイザーはトラヴァーロがおすすめ【TRAVALOレビュー】

軽くてかわいいビジューと高級感のあるミラノを頂きました

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのパッケージデザイン
わたしが頂いたのは、クリア素材とシルバーの組み合わせがかわいい「ビジュー」とPUレザーと金属の組み合わせの「ミラノ」。

透明とシルバーの組み合わせがかわいいビジュー

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ビジュー
商品提供を頂く前から購入しようか迷っていたのが、この「ビジュー」

クリア素材が好きなので、気になっていました!

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ビジューの容器の説明
箱の裏側にのイラストの通り、香水のノズル部分をプッシュして入れるタイプのアトマイザー。

漏斗やスポイトを使って入れるのは面倒…!と思っていた方に最適ですよ!

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ビジューの箱と本体
透明のしっかりしたアクリル素材のようなケースに入って届きました。

この上に透明フィルムが巻かれていたので、プレゼントにも最適だと思いました。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ビジューを持ったところ

サイズ
直径 φ2.4cm
長さ 8.6cm
重量 36g

リップスティックのようなデザインで、特に女性に気に入っていただけるのではないのかな?と思います。

透明のプラスチック素材なので、光に当たると傷は目立ちやすいですね。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ビジューのフタ部分
キャップ部分にはトラヴァーロのマークのエンボスがありました。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ビジューの底部分には赤い素材
底部分に赤い素材が見えるのですが、これはインナーボトルのもの。その周りのさりげないロゴもいいですね!

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ビジューのノゾルアップ
スプレー部分は金属素材が使われています。

シューッと細かめの霧で香水が出るのでいいですよ!(あとからスプレーした画像が出てきます)

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ビジューのインナーボトルを出したところ
このようにインナーボトルを取り外すことができます。

香水をインナーボトルに入れ終わったら、ビジューのケースにカチっと入れこむ感じ。

PUレザーと金属の組合わせが魅力的なミラノ

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)のパッケージ
ビジューとは違い本体の横にもボックスがついたデザイン。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)の付属品と本体
本体と、ボックスの中に入っていたベルベット風素材の巾着袋。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)の本体と付属の袋

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)を袋に入れたところ
本体と比べると巾着袋が大きめなので、「もう少しフィットする保存袋だったらうれしいのにな…」と思いました。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)のキャップを外したところ
ミラノのシルバーカラーの部分はすべて金属素材なので、ビジューと比べると重く感じました。(64g)

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)のノゾル部分
PUレザー(ポリウレタン)の部分は真っ白ではなく、少しアイボリーがかった色。

カラーによってPUレザー部分のエンボスが違います。特にブラウンはエンボスがなく、とてもかっこいいなーと思いました。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)の底部分
底部分もビジューと違い金属素材!

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)を持ったところ

サイズ
直径 φ2.1cm
長さ 8.5cm
重量 64g

スッキリとしたフォルムなのでポーチなどにも入れやすいですね!でも金属だから少し重く感じちゃうかも。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)のインナーボトルを出したところ
ビジューと同じインナーボトルがミラノにも入っていました。

香水はインナーボトルに入れるタイプ

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのインナーボトル
これがインナーボトル。

この画像だとわかりづらいのですが、ボトル部分は半透明ではなく透明です。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのインナーボトルの底部分
赤い部分を香水のノズル部分に差し込んで、香水をダイレクトに入れることができます。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのインナーボトルの全体
MAXの部分まで香水をいれることができ、容量は5ml。

65プッシュできる容量です。

わたし
インナーボトル単体での販売はありません!インナーボトルとのセットがオススメです。

実際にトラヴァーロのアトマイザーに香水を入れてみた

香水のキャップを外したところ
香水のフタをとって、スプレーノゾルが見える状態。

香水のノズルを外したところ
スプレーのプッシュ部分を取り除きます。

ちなみこのノゾル部分の太さが2〜5mmのものだと、簡単に香水を入れることができます。わたしが持っている香水はすべて対応サイズでした。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのインナーボトルを香水に差し込むところ
香水のノズルをインナーボトル部分に差し込んで…

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのインナーボトルに香水を入れているところ
まっすぐプッシュすると香水がどんどん入っていきます!斜めになると漏れたりするので、お気をつけて。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのインナーボトルに香水が入ったところ
これが少しだけプッシュしていれたところ。透明のボトル部分をしっかり持った方がプッシュしやすいですね!

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのインナーボトルを入れるところ
あとはケースにインナーボトルを入れて…

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーのインナーボトルを装着
カチっと入れ込むと完成!香水が空気に触れないのがいいですね。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザーをスプレーしたところ
スプレーの霧がかなり細かいので、「使いやすい!」と思っていただけるはず。

トラヴァーロはビジュー・ミラノ・オブスクラ・クラシック・クチュールの5種類

スライドで全種類の画像が見れます。(画像はメーカーさんより掲載許可を頂きました)

紹介したビジュー、ミラノ以外に、「オブスクラ」というプラスチック素材のアトマイザーと「クラシック」というアルミ素材のアトマイザーもあります。

こちらの2つは特にシンプルなので、男女問わず気に入っていただけると思います。

あと「クチュール」というミラノに似たタイプのスワロフスキータイプがあるのですが、こちらは在庫がなくなると廃盤になる予定です。

TRAVALO(トラヴァーロ)の香水アトマイザー ミラノ(ホワイト)とビジュー(シルバー)を並べたところ
香水をダイレクトに入れ替えられるアトマイザーはかなり便利!

特にインナーボトルのあるタイプが楽なので、アトマイザーを探されていた方はぜひ候補にしてみてくださいね。

インナーボトルではなくていい方はスリムなジャックマルクスも

JACMARKS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー マットなヘアライン加工のクローム(シルバー)

スポンサーリンク

PICK UP