プッシュで簡単に入れ替えられる!ジャックマルクスの香水アトマイザーがおすすめ【レビュー】

本記事にはプロモーションが含まれております。

プッシュで簡単に入れ替えられる!ジャックマルクスの香水アトマイザーがおすすめ【レビュー】

香水の瓶って大きめだから、持ち運びたいときや旅行に行くときってアトマイザーに入れますよね?

4年前からプッシュで簡単に香水の詰替ができるアトマイザーを使っていたんですが、傷まみれになってきたので買い替えることにしました。

今回購入したのは、ずーっと気になっていたジャックマルクス(JACMARCS)の香水アトマイザー。

六角形デザインで、金属製!ワンプッシュで簡単に香水を入れられます。

夫用にネイビー、わたし用にクローム(シルバー)を購入しました!

金属製なのでちょっと重いけれど、見た目が気に入っているので満足しています。

▼ 毎日お得なセールあり ▼
本日のAmazonタイムセールをみる

ジャックマルクスのパッケージデザインはクリアでシンプル

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  パッケージ
カラーによってパッケージの色が違うのでビックリしました!一見、ライターのように見えるデザインですね。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  どうやらメンズ向けのアイテムらしいです
あっ。また男性向けのモノを無意識に買っていました!シンプルだから女性が持っていても違和感ないと思うんだけどなぁ。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  フェイクレザーのケース付き
ホワイトエコレザーのケース付きです。やっぱりライターに見えてしまいます。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー   ケースに入れるとこんな感じ
ケースに入れるとこんな感じになります。先端部分が出ているので少し出したらこのままスプレーできそう!

でもワンプッシュ目は勢いがないことが多いので、ちゃんとケースから出して使うのがおすすめです。

ライターに見えるけれどちゃんと香水用のアトマイザーです

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー   スプレー部分のアップ
スッキリとしたデザインですよね!

ネイビーは艶ありで少しラメ入り。クローム(シルバー)はマットなヘアライン仕上げです。

マットな方は指紋が付きやすいので、使ううちに艶ありになってきそうな予感がします。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー   ネイビーとクロームは質感が違います
個人的にはラインストーンはいらないかなぁと思っているけれど、アクセントになっていいのかも。ロゴはかなり目立つのでちょっと消したいなぁと思っていたりもします。

持ったときのサイズ感

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー   艶ありのネイビー
全長8.5cmで幅は1.8cmほど。香水のアトマイザーとしてはサイズが大きめですね。

3.7mlほど入るので詰め替える手間は減ります!

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  艶ありネイビーのサイズ感
手に持ったときのサイズ感です。以前使っていたアトマイザーよりも全長が長いのでプッシュはしやすいかも。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  裏側には穴のようなもの
重要な裏側の穴!この部分に香水のノズルを挿してプッシュすると、香水が入る仕組み。最初は本当に入るのか?と疑っていました。笑

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  クローム(シルバーカラー)かっこいい

JACMARKS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  マットなヘアライン加工のクローム(シルバー)

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー   クロームの底にも穴があり
クローム(シルバー)もサイズ感は同じ。クロームはロゴがブラックです!

香水を詰め替えるのはプッシュ式で簡単!漏斗は不要

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  香水のキャップを外します
一度プッシュタイプを使うと、漏斗で詰め替えるのはもう無理です!

MAISON KITSUNE(メゾンキツネ)とHEELEYコラボの香水 “Note de Yuzu” をアトマイザーに入れてみます。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  スプレーキャップを外してノズルが見えるように
スプレー部分のキャップを取り外して、ノズルが見えるようにしましょう!

この香水はキャップを取り外すのがかなり固くて苦労しました。(手が香水まみれに。笑)

外径2〜4mm、内径1.35〜1.45mm、長さ2mm以上のノズルがこのジャックマルクスのアトマイザーに対応しています。

お手持ちの香水のノゾルの大きさを確認してくださいね。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  アトマイザーの底部分をノズルに当てて
アトマイザーの底部分を香水のノズルに当てて。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  ノズルに当てたままプッシュすると香水が入っていく
あとはプッシュするだけ!何十回もプッシュしないといけないので、最初は覚悟してください。

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー  簡単に香水が入りました
プッシュし続けていると、半分くらい入りました!香水の残量が見えるので、このアトマイザーいいですね。

プッシュは上部をスライドするだけ

JACMARCS(ジャックマルクス) 香水アトマイザー   香水は上部を滑らせてスプレーします
香水をスプレーするには、上部をスライドさせると内側のスプレーノゾルが押される仕組み。

六角形以外のデザインもジャックマルクスはあります

ピンクやグリーンもあるスティックシェイプシリーズ

丸みを帯びたオーバルシェイプシリーズ

わたしが購入したヘキサゴナルシェイプシリーズ

シンプルなファッションスティックシリーズ

どれも価格はそんなに変わらないので、お気に入りのデザインやカラーが見つかるとうれしいです。

容量も少し違うのでその部分にも注目して見てもいいかもしれません。

さまざまな香水用のアトマイザーがありますが、詰め替えるのが楽なプッシュ式はおすすめ!デザインもジャックマルクスが一番気に入りました。

気になる方はぜひチェックしてくださいね。

香水を少量ずつ試せるサービスを発見しました。気になる…?

次に読むならインナーボトルのあるアトマイザーの記事

TRAVALO(トラヴァーロ)のビジューとミラノ

記事内の上下にあるBookmark ボタンでお気に入りの記事を保存できます。
また見たい!と思う記事がありましたら、ぜひ登録してみてくださいね!

Follow me

わたし
このブログを見て買ったものなどがありましたら、SNSでコメントやシェアしてくださるとうれしいです!