アスクル 国産ハイパワーアルカリ乾電池のデザインがシンプル!おしゃれな収納方法もご紹介

アスクル 国産ハイパワーアルカリ乾電池のデザインがシンプル!おしゃれな収納方法もご紹介

息子が小学生になるまではいろいろなおもちゃに電池が必要だったので、充電式の乾電池を使うことが多めでした。

でも最近はゲームばかりしているから、あまり電池を使うことが少なくなった気がします。

「頻繁に電池交換の必要がなくなったし、充電式ではないタイプを買おうかな?」なんて思い、以前から気になっていたアスクルのアルカリ乾電池を買いました。

単3だと『3』単4だと『4』の大きい数字が書いてあるので、息子もどちらか判別がしやすくなったのもいいところ。

あと電池どこいったっけ?ということも増えたので、最近は電池用のケースを使うことにしています。

どの電池が少なくなったかわかるし、サイズの分類もしているからめっちゃ使いやすいですよ。

スポンサーリンク

LOHACOで販売のアスクルの乾電池のハイパワーはモノトーンベースでおしゃれ

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro ボックス
箱がもうかっこいい!!届いた時点で潰れていたのは残念だったけれど、違うケースで保管するから問題なし!

でもこの箱で保管してもかっこいいから、箱潰れがなくなるとうれしいですね。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 単4パッケージと電池
単4電池はホワイトベースにグレーの文字。電池にも同じ4の数字がプリントされています。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro ボックス 単4
箱の裏側には開封後にまた収納できるように、固定できる切り込みもありました。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 単4電池
ホントは切り取り線をビリビリして開封するのですが、なんだかもったいなくて違う方法で開けました。わたしが購入したものは10本入り。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 単4本体
電池本体はパールホワイトにグレーのプリント。シンプルなデザインっていいですよね。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 単3 パッケージと電池
次は単3電池!こちらはダークグレーとホワイト(アイボリーに近い)組み合わせ。単4も同じですが、独特な箱の形も大好きです!!

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 単3本体
単3電池は本体がグレーに近いシルバーで、単4と同じように少し光沢があります!!

マットよりも傷が目立ちにくいからツヤのある素材が使われているんですかね?

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 単3と単4 本体
どちらもシンプルデザインなので、一般的な電池よりも洗練されています!派手なカラーのグラデーションの電池はあまり好みではない(後ほど出てくるけれど)

アスクルの電池はロハコとアスクルのみで販売されています!個人で買えるのはロハコだけ▼

アスクルのハイパワー乾電池は日本製で約10年保存可能!

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 日本製
パッケージに書いてある通りで、MADE IN JAPANなんです。日本製でこのデザインはうれしいですね。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 単3 アップ
ハイパワーではない通常の乾電池を持っていないので比べられないのですが、1.5V。

今年の8月に買ったので、10年後の2028年8月までが使用期限。そう10年間も保存できちゃうんです。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 単4アップ
単4電池も同じく10年後の2028年8月までが使用期限。

電池って使うときは頻繁に使うけれど、なかなか使わないときもあるから10年間保管できるのはうれしいです。

デザインがかっこよくておしゃれだからどうしてもこのシリーズはまとめ買いしちゃいそう(デザインが変わったら嫌だし)

スポンサーリンク

サンワサプライの電池ケースで見やすくおしゃれに収納

3月の誕生日にCola Blog (コーラブログ)のシュンスケさんと奥さんのあいちゃんから頂いたもの。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 電池ケース 単3のみ
単三電池のみ収納できるのがこのタイプ。見づらいですが上部にはフタがついているので、開けるときに電池がポロっと出ることがありません。

ちょっとしたことですけど、フタがあるだけで使い勝手がいいんですよ。4本ずつ仕切りがあって、4本ずつにフタが分かれていているんです◎

この画像はあえてアスクルの乾電池だけにしてみました。種類が揃っているとすっきりして見やすいですね。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro サンワの電池ケースに収納するとこんな感じ

かなり気に入ったので、単3と単4電池が一度に収納できるものも買いました。いろんな電池が混じっているから統一したい…。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro フタ

こちらのデザインは単4電池を収納するところにフタがあります。単3電池の収納と同じで4本ずつ仕切られていて、フタも4本ずつ分かれています。

充電式のエネループの電池が使えなくなってアマゾンの充電式電池をちょこちょこ買い足していったのですが、購入する時期によってデザインが違う!!

わたし
どうしても統一したいので、次の充電式電池も充電器も絶対にエネループを購入します…。それ以外はアスクルの電池で揃えたい。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 Pro 半透明なので中身がわかる
半透明なので、中身が見えるのも使い勝手がいいところ。だからこそ乾電池のデザインにこだわりたかったんです。

アスクルのデザインのいい乾電池はLOHACO(ロハコ)で販売しています

単1と単2のデザインはブラックとレッドの組み合わせ、これも好きなカラーリング。

アスクル ロハコ アルカリ乾電池 一覧
ハイパワーではない普通の乾電池はピンクやイエローなどのポップなカラーでかわいいですよ。

個人的に数字がアクセントになっているデザインが大好きです!

たかが乾電池ですが、デザインが揃ったものをすっきり収納していると気持ちいいですよ。

スポンサーリンク