【レビュー】THE COLOCOLO BY NITOMSは粘着シートがシマシマでおしゃれ。縦にも横にも収納可能

【レビュー】THE COLOCOLO BY NITOMSは粘着シートがシマシマでおしゃれ。縦にも横にも収納可能

日用品をシンプルなデザインにして販売している「THE Co. Ltd.」。クッキングシートや醤油差しなどが有名ですよね。

その「THE」と粘着シートのコロコロがコラボしているのはご存知ですか?

ケースが無印良品のアイテムのようにシンプルで、粘着シートが赤と青のシマシマで本当に可愛いんです。

もちろん見た目だけでなく使い勝手も悪くないので、お気に入り。カーペット用のコロコロを探していた方におすすめです。

他のコロコロと比べてしまうと2000円ほどと価格が高めですが、ケースがシンプルで縦にも横にも収納できますよ。

50秒ほどの動画も作ったのでご覧ください。
タケナカナミ | Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム
👆のリンクからフォローお願いします!!

わたし
マットなホワイトのケースはとてもシンプル!赤と青のシマシマがかわいいので、使うのがもったいなく感じてしまいます…。

楽天市場は販売ストアさんが多めです。

スポンサーリンク

わかりやすい赤と青のパッケージで販売されています

THE COLOCOLO BY NITOMSは文字が多めですが、フィルムなのではがせる
正面はわかりやすいキャッチコピーがあり、赤と青のシマシマがアクセントになっています。

コロコロの色とパッケージのシマシマがリンクしているので、わかりやすい。

THE COLOCOLO BY NITOMSのパッケージ
裏側は、THEらしいパッケージ。こちらはフィルムにプリントされているので、はがすことができます。

THE COLOCOLOはフィルムをはがすとマットホワイトのシンプルなケースに

THE COLOCOLO BY NITOMSはフィルムをはがすと真っ白のケースになります
フィルムをはがす前と違って、かなりシンプルなケースに変身しました!マットなホワイトはテカテカしていないから好きです。

THE COLOCOLO BY NITOMSはシンプルなデザイン
THE COLOCOLO BY NITOMSは持ち手もマットホワイト
持ち手部分には穴があるので、引っ掛けて収納することもできますね。

THE COLOCOLO BY NITOMSのケースはマットなホワイト
金具部分はシルバーカラーで、もちても程よい太さで握りやすい。

THE COLOCOLO BY NITOMSは横にも自立できます

THE COLOCOLO BY NITOMSは横にも自立できます2
側面はこのような形状。粘着シートがケースにくっつかないように工夫されています。(後から詳しく説明します)

THE COLOCOLO BY NITOMSのケースに切り込みがあり金具がフィットする
金属部分はケースの端の切り込みにフィットして固定できます。

THE COLOCOLO BY NITOMSのケースの底にはTHEのロゴ入り
底部分にはTHE COLOCOLO BY NITOMSのエンボスロゴ入り。ロゴを主張せずに底部分にさりげなく配置されているのが好きです!

粘着シートが赤白と青白のシマシマでかわいすぎる

THE COLOCOLO BY NITOMSの赤シマシマの粘着シート

THE COLOCOLO BY NITOMSの青シマシマの粘着シート
赤のシマシマか青のシマシマかかなり迷ったのですが、1階用と2階用で色を分けることにしました。

THE COLOCOLO BY NITOMSの赤と青はどちらもかわいい
太めのシマシマだから、このまま飾りたいくらいかわいいですよね!

THE COLOCOLO BY NITOMSのシートはスパイクドット粘着
ニトムズの他のコロコロのようにスパイクドットという小さいドットの粘着が使いやすいんです。

ちなみにこのコロコロはカーペット用です。

THE COLOCOLO BY NITOMSはシマシマだから切り目がわかりやすい
他のコロコロシートのようにわかりやすいラインなどがないですが、シマシマ柄だから切り口部分がどこなのかがひと目でわかります。

シートがケースにくっつかないように工夫されたケースが魅力

THE COLOCOLO BY NITOMSの側面は穴のようになっている
トイレットペーパーのように中心に穴が空いているように見えますが、実は穴ではありません。

THE COLOCOLO BY NITOMSのケースの内側に突起があるのでそこに本体を差し込む
内側に突起を作っているから、トイレットペーパーのようになっているんです。

コロコロのケースは上の部分はパカっと開くことが多いですが、このケースは横から差し込むタイプ。

THE COLOCOLO BY NITOMSの本体をケースに収納するところ
突起部分に粘着シートの穴を差し込むからケースにシートがくっつかずに収納ができちゃうんです!(不器用なので、慣れるまではくっつきました…笑)

突起部分がガイドになってくれるから、数回使っているとかんたんに収納できるようになりますよ。

ケースは縦でも横でも自立できるから、とても便利!

THE COLOCOLO BY NITOMSを立てたところ
このように持ち手を縦にして自立させることが多いですよね。

THE COLOCOLO BY NITOMSを横向きに立てたところ
THE COLOCOLOは持ち手を横にしても自立できるのが便利!

THE COLOCOLO BY NITOMSを横向きに立てると粘着シートが見える
持ち手を横向きにして自立すると粘着シートが見えてしまうのが欠点かな。

THE COLOCOLO BY NITOMSは横にも自立できます
もう片方を上にすることもできるけれど、少しだけ不安定かも。(倒れることはありません)

シマシマシートは見た目もかわいいし、ゴミが見えやすい

THE COLOCOLO BY NITOMSでブランケットを掃除しているところ
ブランケットをコロコロで掃除してみました。(ブランケットはユニクロのスヌーピー×長場 雄さんコラボ)

THE COLOCOLO BY NITOMSは色と白の部分があるからゴミが見えやすい
白い粘着シートだと分かりづらい白いホコリも色の部分でわかりやすくなりました。(髪の毛などがついていて汚いので、引いて撮っています)

ゴミが見えにくくても問題はないと思うのですが、掃除をしてやった感があるので見えるのは楽しいです!笑

コロコロをお使いなら、シマシマのスペアテープを購入するだけでもいいですね

THE COLOCOLO BY NITOMSのケースとシマシマシートの本体
わたしはコロコロの本体を壊してしまったので、本体とテープのセットを購入しました。

今お使いのカーペットクリーナーの本体があるなら、スペアテープだけシマシマにするだけでも気分が変わるはず。

コロコロ用やカーペットクリーナー用のさまざまな収納ケースが販売されていますが、わたしはこのシンプルな「THE COLOCOLO」で満足しています。

気になる方はぜひチェックしてくださいね。

ハンディモップの収納ならTOWERの金属製スタンドがおすすめ

tower-handy-6

スポンサーリンク