【レビュー】リンゴの形のポストイットディスペンサーが便利でかわいい!

【レビュー】リンゴの形のポストイットディスペンサーが便利でかわいい!

接着面のないフィルムタイプの付箋などさまざまな付箋を使ってきたのですが、やっぱり定番がいいなと思い 3M ポストイットを探していました。

「そういえば、ポストイットのポップアップっていう取りやすいものあったよなー?」と思って検索していたら、定番ではないリンゴの形のディスペンサーを発見

定番のポップアップ(透明)より価格が高めなのですが、デザインが気に入りすぎて購入してしまいました!!

  • 大きめで存在感あり!
  • 重りが入っているので安定している
  • 付属の正方形以外にも長細い付箋も使える
  • 片手で付箋が取れるの便利

奥行きがあり大きめサイズなので、大きすぎる!と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でもわたしはリンゴモチーフの時計を買おうと思っているくらいなので、存在感があってかわいい!と思っています。

正直に言うと、定番の透明タイプの方がスッキリしているし使いやすいかも。サイズ感も比較してみたので、参考にしてもらえるとうれしいです。

遊び心があるものが好き!
持ち運びするのではなく、置いて使いたい!

と思っている方にはとてもオススメです。

わたし
以前は海外でのみ販売されていたらしいのですが、Amazonで気軽に購入できるようになりました!本当にかわいいです。
\ 毎日お得なセールあり /
本日のAmazonタイムセールをみる

真っ赤なリンゴの形がかわいいポストイットのディスペンサー

ポストイットポップアップのアップルディスペンサー(全体)
これはかわいすぎるー!と届いたときに思ったリンゴの形のディスペンサー。透明の箱に入って届きました!

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーを上から見たところ
ツヤのあるプラスチック素材なので、細かな傷は目立つと思います。半透明のグリーンのヘタがアクセントになっていい!

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーを横から見たところ

サイズ
約10cm
高さ 約9cm(ヘタ除く)
奥行き 約8cm

この画像の通り、奥行きがあります。8cmほどあるので、かなり存在感があります。

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーを後ろから見たところ
後ろから見てもリンゴの形。この形状だから開け閉めはしづらいのですが、かわいいから許せてしまいます!

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーの底部分には滑り止めあり
底部分に滑り止めあり。振るとジャカジャカと音がし、小さな重りのようなものが入っています。

重りが入っているおかげで、付箋を引き抜くときにも安定しています。600g近くあるので、びっくりです。(付箋の入れ替えのときに困るくらいかな?)

開け閉めは面倒だけど付箋は中に入れるだけ

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーを開けたところ
底近くのレバーを引き上げると、パカっと開けることができます。

ビビットイエローの付箋が付属しています


中には正方形の付箋が入っています。ビビットイエローの付箋は、リンゴの色と合いますね!

なぜか75×76mmほどの付箋が本体に付属していましたが、75×75mmも問題なく使えます。

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーの中身は押さえるためのボタンあり1

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーの中身は押さえるためのボタンあり2
ディスペンサーの中身はこんな感じ。バネが入っているボタンがあり、付箋を固定してくれます。

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーはフタの開け閉めが面倒
わたしは苦戦したのは、開けるときよりも閉めるとき。

どうやって閉めるのー??と苦戦していたのですが、箱に書いている説明通りに思いベース部分を上にして「カチッ」と閉めると、すんなりと閉じることができました。

慣れたらすぐに閉めれるようになりました。はじめはコツをつかめなかったけど。

定番のポストイットポップアップノートと比較

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーと定番デザインの比較1
定番のポストイットポップアップもシンプルで好きなので、家族用に購入しました。

場所を取らないほうがいいなら、定番のクリアがオススメ!

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーと定番デザインの比較2
上から見ると大きさはあまり変わらないですよね。定番は10×10cmほどの大きさです。

重さは、定番のクリアタイプの方が350gほどと軽めです。

ポストイットポップアップの定番はフタなどなく付箋の入れ替えが簡単
定番タイプのいいところは、フタなどを開けずにスライドさせて付箋を入れられるのがいいですね!

ポストイット定番タイプを横から見たところ
クリアとホワイトの組み合わせでスッキリ。

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーと定番デザインの比較3

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーと定番デザインの比較4
価格も定番デザインの方がお手頃です!

付属の付箋はアップルの方が少しだけ大きめ
リンゴモチーフの方の付箋は数mm大きかったのですが、ほぼ同じ。定番の75mm×75mmタイプが使用できます。

細長いタイプの付箋はリンゴデザインでは使えないのかな?と思っていたのですが、入れてみると使えました(あとで出てきます)

実際に使ってみました!文具というより置物に見える

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーを使っているところ
パソコン周りに置いてみました。なんだこの可愛さは!!

ポストイットポップアップは付箋がジャバラになっている
ポップアップシリーズは付箋がジャバラになっているので、ティッシュペーパーのように引き出すことができます。

付箋をペラペラめくってはがす必要がないので、片手で取れて便利ですね!

75×25mmの細いポストイットも使える

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーの付箋を外したところ
付属していた付箋を外してみました。リンゴの中央に置いていた感じ。

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーに使ったポップアップ付箋
ポストイット ポップアップ用の75×25mmの細い詰め替え用を購入しました!

さまざまな色があるので迷いましたが、ブルー系に。

わたしが購入したとき、詰め替え用はヨドバシの方が安価で手に入りました。Amazonの方が安いときもあるようです!

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーに細い付箋を取り付けたところ
細長い方を入れてみるとこんな感じ。

クリアタイプのように複数の押さえボタンがないので不安でしたが、特に問題なく使えています。枚数が少なくなったときに使いにくいのかもしれませんが…(なにかあったら追記します)

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーは細い付箋も使える
付箋を引き出すとこのようになりました!暖色の方がリンゴに合っていたかもしれない…。

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーから細い付箋を取り出すところ
付箋をはがしているところ。強粘着タイプなので、少しはがれにくい!

ポストイットポップアップは交互方向に付箋がくっついている
はがし終わったところ。ジャバラになっているので、引き出すごとに上下に方向が変わります。

細いタイプも使いたかったので、使えてよかったです!!

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーに入っていた付箋と入れ替えた付箋の大きさはほぼ同じ
細いタイプを3枚並べると75mm×75mmに。90枚の厚みでも使えました!

ポストイットポップアップのアップルディスペンサーを使っているところ
かわいいデザインの文房具やインテリアが好きな方にオススメのリンゴモチーフのポストイットポップアップ!

Amazonには、定番のクリアタイプや円柱形のデザインなどさまざまなものがありオススメです。

記事内の上下にあるBookmark ボタンでお気に入りの記事を保存できます。
また見たい!と思う記事がありましたら、ぜひ登録してみてくださいね!

Follow me

わたし
このブログを見て買ったものなどがありましたら、SNSでコメントやシェアしてくださるとうれしいです!
タケナカナミのモノ紹介レターを配信しています