手帳用にピッタリな0.28mm油性ボールペン!ジェットストリームエッジの白と黒を購入しました【レビュー】

手帳用にピッタリな0.28mm油性ボールペン!ジェットストリームエッジの白と黒を購入しました【レビュー】

2020年から手帳を使い始めたのですが、やっぱり細いボールペンの方が手帳に書きやすいんですね!

手帳のことを考えずに、ただ見た目が好きだったから「ジェットストリームエッジ(JETSTREAM EDGE)の白と黒」を購入したのですが、手帳に小さな字を書くボールペンに最適。

0.3mmくらいのボールペンはゲルインクであるPILOTのハイテックCが好きだったのですが、ゲルインクはすぐにインクが無くなってしまうんです。(字を書きすぎ?)

なのでメインで使う黒はジェットストリームエッジ0.28mmにして、他の色はハイテックCを使うことにしました。

0.28mmと細いので少しかすれやすいのですが、慣れたら問題なし!初めは、これ使わないほうがいいかも…と思っていました。笑

素材はグリップとクリップのみ金属なので、少し物足りな方もいるかも…。あとグリップも太めなので、スリムなボールペンが好きなら合わないです。

2019年12月20日(発売日)にロフトで購入したのですが、今は人気で定価よりも高めの価格で販売されていますね。

実店舗では時々見かけるので、気になる方はぜひ文房具屋さんをのぞいてみてくださいね。

楽天市場で定価+送料330円の店舗を発見しました!

わたし
ゴールドも欲しくなっているので、早く定価で買えるようになってほしい。

タケナカナミ | Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム
👆のリンクからフォローお願いします!!

スポンサーリンク

購入したのはジェットストリームエッジのホワイトレッドとブラック

ジェットストリームエッジの白と黒

サイズ
全長 約14.2cm
軸径 Φ約1cm
重量 約14g

ホワイトレッドはわたし用、ブラックは夫用に買いました!色が違うと雰囲気が全く違いますね。

この画像だと分かりづらいのですが、ノック部分からグリップにかけて太くなっている形状です。

ジェットストリームエッジ白の軸部分
白はツヤありのABS樹脂。クリップ部分はステンレス素材です。

後から出てきますが、グリップ部分はアルミ素材で、ペン先周りの先軸には金属(真鍮と書いている販売店もあり)が使用されています。

ジェットストリームエッジ白のクリップは赤
白はクリップ部分のステンレスが赤く塗装されています。よーく見ると分かると思うのですが、クリップの一部がはげてシルバーになってしまいました…。

ジェットストリームエッジ黒の軸部分はマットな黒
黒も白と同じ素材なのですが、マットな質感が魅力!ツヤありの白よりも高級感がありますね。

ジェットストリームエッジ黒のクリップはシルバーカラー
クリップ部分は塗装などがないステンレス素材なので、色がはげてしまうこともないのがいい!

ジェットストリームエッジの黒白の素材感の違い
白は色合いがかわいいので気に入っているけれど、黒の方が1000円らしく見えるなと思いました。(ゴールドも欲しい…)

わたし
やはりクリップの形状や色合いででラミーっぽさがあるように見えてしまいますね。

グリップは太めのアルミ素材で滑りづらい

ジェットストリームエッジはグリップとペン先周りが金属素材
わたしはローレット加工のグリップが好きなのですが、この縦ラインも悪くない!(汚れは入りやすい)

ジェットストリームエッジ白のグリップ部分

ジェットストリームエッジ黒のグリップ部分
グリップ部分はアルミらしい素材。黒は使っていると色がはげてくるような気もしますね。

ジェットストリームエッジのインクとグリップ
手が小さくて太めのグリップが苦手な方は、握りづらく感じてしまうかもしれない太さ!

ジェットストリームエッジのグリップを外したところ
アルミグリップと先軸が金属製なので、重心はペン先。本体がABS樹脂なので、持ってみると「思ったより軽い!」と思いました。

ジェットストリームエッジの黒白のグリップ部分の違い
0.28mmの特徴である新開発の「ポイントチップ」。先端が細くなっているニードルチップのような形状で、PILOTのハイテックCなどを使ったことがある方に見慣れた形状だと思います。

実際に使うとかすれは少し気になる!けどお気に入り。

ジェットストリームエッジで書いているところ
遠くから見ても細い!と思ってしまう0.28mm。

写真に取るのを忘れましたが、ノックした感触は悪くないです!スムーズ。

わたしの書き方が悪いのかもしれないのですが、最初はかすれやすいなぁと思ってしまいました。書き方に慣れるとかすれづらくなってきましたよ。

ジェットストリームエッジの白を握ったところ

ジェットストリームエッジ白のサイズ感
わたしがお気に入りの白はこのような感じ。グリップ付け根の黒い素材が浮いてしまうので、初めは少し安っぽいかもと思いました。

ジェットストリームエッジの黒を握ったところ

ジェットストリームエッジ黒のサイズ感
黒は軸の素材がマットなので高級感がありますが、指紋は少し付きやすかったりします。でも気にならない程度かな。

グリップが黒だとホコリがつくとかなり目立ちます。溝が細いので、ブラシなどでホコリを取るのがいいですよ。

ジェットストリームエッジ0.28mmとハイテックCの0.3mmを比較

ジェットストリームエッジ0.28mmとHI-TEC-C0.3mmの違い
上がジェットストリームエッジで、下がハイテックCの0.3mmです。

12月20日から1ヶ月以上使っているので、慣れるとジェットストリームエッジのが書きやすいと思うようになりました。なので、手帳に書き込むときはジェットストリームエッジを使っています。

わたしの書いた感じだとジェットストリームエッジがとても細くは見えないですね…。実際は細いんだけど。

わたし
手帳に書いているところを載せたかったのですが、あまりにもプライベートな話題すぎたので控えておきます…笑

スポンサーリンク

替芯はSXR-203-28。多数のジェットストリームと互換性があり。

ジェットストリームエッジ 0.28mmの替芯は、SXR-203-28(SXR20328)。黒(SXR20328.24)の他に赤(SXR20328.15)と青(SXR20328.33)があり、他のジェットストリーム商品にも取り付けられます。

ジェットストリームを愛用中の方は、ジェットストリームエッジ本体を買わなくても替え芯を購入するだけでもOK!

品番だと商品が分かりづらいと思いますので、互換性のある商品名はAmazonの商品リンクにしてみました。

品番 商品名
SXE3T-1800-05 スタイラス3色ボールペン
SXNT82-350-07 スタイラスシングルノック
SXNT82-350-07 3色ボールペン
SXE4-500-07 4色ボールペン
SXE3-400-38 3色ボールペン 0.38mm
SXE2-300-07 2色ボールペン
SXE3-JSS-38 3色ボールペン 0.5mm
MSXE5-1000-38 4&1 0.38mm
MSXE3-800-05 2&1 0.5mm
MSXE4-600-07 3&1 0.7mm
MSXE3-500-05 2&1 0.5mm
MSXE5-2005-07 ピュアモルト4&1
互換性がないのは、

  • SXE3-601-05
  • MSXE3-701-05
  • MSXE3-701-05

以上の製品はペン先からインクが漏れる可能性があります。

詳しくはuniのWEBサイトへ。

定価は1000円+税。見た目が気に入って購入したのですが、書き心地もどんどん好きになりました。

気になる方はぜひジェットストリームエッジをチェックしてくださいね。

次に読むなら個性的なコンクリートボールペンの記事

ステッドラー コンクリートボールペン 手に持つと

スポンサーリンク