半透明で手触りのいいiPhone11 Pro用ケース Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックがお気に入り【レビュー】

半透明で手触りのいいiPhone11 Pro用ケース Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックがお気に入り【レビュー】

今までiPhone11 Proには透明のケースを使っていました!

特に不満が合ったわけではないのですが、ケースのレビュー記事をGADGET SHOTで見つけてしまって「これだ!!」と一目惚れしました。

見つけたのは、Spigen(シュピゲン)から発売されている「Ciel by CYRILL カラーブリック」というケース。

このシリーズがあることはなんとなく知っていたのですが、半透明のホワイト(フロスティ)があるとは知らなかった!めっちゃかわいい!!

ツヤツヤではないマットな手触りで、背面の林檎のマークが見えるか見えないかくらいの半透明ぐらいも好き。

2週間ほど使ってみて思ったことは、この3つ。

  • 透明ケースより少し分厚い
  • ボタンが押しやすい
  • 指紋が思ったより目立ちにくい

サイドのボタンはグレーなのですが、替えのブラックも付属してるので気分によって変更もできちゃいます!!

シンプルだけど、少しこだわりのあるケースが欲しい。って方にはかなりオススメのケースです。(iPhone11、11Pro、11Pro Max用)

わたし
ボタンがかなり押しやすいので、間違ってスクリーンショットボタンを押しちゃうことが増えました(上ボタン+右のボタン)。ぱっと見た感じグミっぽい。

タケナカナミ | Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム
👆のリンクからフォローお願いします!!

スポンサーリンク

ポーチに入って届けられる!スマホケースでは珍しい

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックはポーチに入って届けられる
スマートフォン用のケースって、箱に入って届けられることが多いですよね?その上、箱を解体するのが大変。

このCiel by CYRILLのようにポーチで届けられると、他の用途にも使えるからいいですよね!

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックのポーチとケースと替えのブラックボタン
背景の白と馴染んで存在がなくなりかけていますが、右にあるのが今回紹介する「Ciel by CYRILL カラーブリック」です。

上の方にあるのは、替えのブラックボタン。

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックの替えのブラックボタン
取り替えるのも簡単なのがいいところ!どう考えてもわたしの好みはグレーなので、ブラックはどうしよう…笑

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックのブラックボタン
このような形状なので、取り外してグイっと取り付けるだけですね。

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックに付けられているのはグレーのボタン

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックのサイドボタンの質感
ケースに取り付けられてるのはグレーのボタン。いい色ですよね。

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックケースの半透明具合が最高!
この半透明具合に惚れました!!後ほど出てきますが、iPhone11 Proのシルバーにぴったり。

もちろん他の色でもカラーが少しだけ透けるから良さそうです。

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックは指紋が付きづらいけど油分は付く
背面はTPUではなく、半透明のポリカーボネート素材。柔らかそうに見えますが、硬いです。

指紋は付きづらいけれど、ハンドクリームを付けた後などは油分が少し目立ちます。(光加減によりますが…)
Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックは角にエアクッション入り
角にはエアクッションが入っている側面部分はTPU素材。透明よりかは黄ばみにくい気がするけれど、長く使うとどうなるだろう?

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックの背面はTPUではなくポリカーボネート

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックの側面部分はTPU素材だけど硬め
この半透明が好きな方は多いハズ!すりガラスのような透け感がいいですよね。

サラサラの手触りにハマります。透明ケースのようにベタつかないから、夏にも最適かも!

iPhone11 Proのシルバーに取り付けるといい感じ。求めてたケースだ

以前使ってた透明のiPhone11ProのケースもポリカーボネートとTPUの組み合わせ
以前はこのように透明のケースを使っていました。単体で見ると悪くないけれど、テカテカしていますね。

側面のステンレスの素材感が生きるのは、この透明のケースだと思います。林檎マークも見える!

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックは見た目がとてもいい
Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックは半透明感がとてもいい

これがCiel by CYRILL カラーブリックケースを取り付けたところ。この半透明具合がたまらない。

透明のケースより柔らかな印象ですよね。高級感もアップしたような気もする。

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックはよーく見ると林檎マークが見えます
光の具合によって林檎マークは見えるけれど、ほぼ見えないと思ってもらったほうがいいかも。(Amazonにも林檎が見えないというレビューが多い)

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックのサイドボタンの押し心地はいい!マナーモードスイッチもピッタリのサイズ
マナーモードのスイッチもピッタリ!安価なケースだと穴が少しづれていることってありませんか?わたしだけ?

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックはサイドのステンレスがほとんど見えない
見ての通り、11Proの売りであるステンレスはほとんど見えません。

ステンレスが好きで選んだのに、このケースを付けたときの雰囲気が気に入ってしまった…。笑

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックはカメラ部分をしっかりガードしてくれる厚み
わたしが怖いと言い続けているカメラも、ケースの厚みでガードしてくれます。

画像だとわかりにくいけれど、カメラの厚みよりもケースの方が厚みがありますよ!

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックはディスプレイ周りもしっかりガード

ディスプレイ周りの厚みがわかります
ディスプレイ部分もガードしてくれているので、ディスプレイ側から落下させたとき少しは守ってくれると思います!(落としたことがないからわからないけれど…)

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックのサイドにはさりげなくロゴとストラップホール
サイドには見えるか見えないかという具合のさりげないロゴがあって、ストラップホールもあります!!

わたし
目立ちすぎるロゴがあるのがあまり好きではないので、このさり気なさは好感が持てる。

ライトニングケーブルは純正以外の大きさも使えます!

ベルキンのライトニングケーブルは少し大きいのです。
Appleのライトニングケーブルは小さいけれど、他のメーカーのは少し大きいのが多め。丈夫ですけどね!

Spigen Ciel by CYRILL カラーブリックは大きめのライトニングケーブルも挿すことができました
安価なケースだと、Apple以外のライトニングケーブルを挿すことができない!という経験があります。

このSpigen Ciel by CYRILLは比較的大きめのBelkinのケーブルでも問題なく使うことができました。さすがSpigenと思いました。

Belkin DuraTek Plus USB-A to ライトニングケーブルはレザーのループが付属している

このケーブルはかっこいいし丈夫です。

カラーは4色で、対応機種はiPhone11シリーズすべて

左から、ブラック・ホワイト・ネイビー・カーキ。(画像タップでAmazonページへ)

個人的にはホワイトがお気に入りなのですが、他の色もボタンの色がアクセントになってかわいいですよね。他のカラーは背面だけ半透明らしいです。

対応機種は11、11Pro、11Pro Maxのみ

3000円ほどなので「少し高いな…」と思われる方もいると思うのですが、わたしはとても気に入っています。

11シリーズだけでなく、今後他のシリーズも発売されればいいのな…と思うくらいお気に入り。iPad mini用もあればいいのに…。

気になる方はぜひチェックしてくださいね。

次に見るならHIGHLOOPというストラップの記事

HIGHLOOP(ハイループ)スマホストラップ 指が2本入るサイズが最適です
今回は撮影用に取り外していたのですが、HIGHLOOPというケースに貼り付けるストラップを使っています。

スポンサーリンク