【レビュー】万年筆より気軽に使えるトラディオ プラマンは癖になる書き心地!海外モデルは色が豊富

【レビュー】万年筆より気軽に使えるトラディオ プラマンは癖になる書き心地!海外モデルは色が豊富

定番のプラマンよりも太めで、万年筆に近い形の「Tradio Pula Man(トラディオ・プラマン)」も愛用中!

数年前から黒い定番デザインを使っていたのですが、海外モデルのパステルイエローをAmazonで手に入れたのでレビューを書こうと思います。

  • プラマンより万年筆に近い形
  • インクカートリッジの交換ができる
  • プラマンよりも書くのが楽しく感じる(柔らかめ?)

と思っています。

海外モデル(ユーロ圏限定)は1500円ほど、定番モデルは400円ほどで購入しました。

万年筆を使うには勇気がいるなぁ…と思っている方におすすめのプラスチックの万年筆!

ボールペンやペンよりも字が書くのが楽しくなるのでおすすめですよー。

クラフトデザインテクノロジー(グリーン)は家族が使っています。家になかったので画像はありません…黒もあります。

わたし
まずは黒い定番を試してみて、気に入ったら海外モデルを手に入れるのがおすすめです。アニエスベーコラボの赤い本体も気になる…
\ お得なセール開催中 /
本日のAmazonタイムセールをみる

プラマンよりも万年筆に近い形状のトラディオ・プラマン

ぺんてる トラディオプラマンの通常と海外モデル
どちらかというと水性ペンの見た目に近いプラマンと比べて、キャップや形状などが万年筆に近いのがトラディオ・プラマン。

(プラマンの画像はあとから出てきます)

ぺんてる トラディオプラマンの海外モデルのイエローは定番よりもマットな質感
黒い方が日本で長い間販売されているプラマン。パステルイエローは海外モデルです。

海外モデルの方がマットな仕上げでサラサラしていますが、使い勝手は定番と同じ!(価格差はある)

ぺんてる トラディオプラマンの大きさ
手に持つとこれくらいの大きさ。

一般的なプラスチックの万年筆よりも軽く感じます。

ぺんてる トラディオプラマンを持ったところ
キャップは取り外して、本体の先端に取り付けられるタイプ。

適度な太さがあるので、安定して字を書くことができます!

ぺんてる トラディオプラマンはキャップ部分からペン先が見える

キャップの先端でインク色を確認することができます(この画像だと見づらいけど。ペン先の色でインクの色が見分けられます)

ぺんてる トラディオプラマンの海外デザインと定番デザイン1
ペン先はこのようになっていて、プラマンの白い部分が黒くなったような感じ。

ぺんてる トラディオプラマンの一部が透明
インクカートリッジの一部が見えるデザインです!

プラマンとトラディオ・プラマンのサイズの違い

ぺんてる トラディオプラマンとプラマンの太さの違い
見ただけで太さの違いがわかってしまいますね!

細いプラマンは持ち運びに便利、トラディオ・プラマンは長く筆記するときに便利だと思っています。

ぺんてる プラマンを持ったところ
ちなみにプラマンを持つとこんな感じ。手が大きめの男性だと持ちづらいと感じてしまうかも…!!

トラディオ・プラマンはインクを交換できるところがいい

ぺんてる トラディオプラマンの本体とインク
トラディオ・プラマンとインクカートリッジを並べてみました。

インクカートリッジはインクだけでなく、ペン先部分も取り付けられた形状なんです!

ぺんてる トラディオプラマンのインク部分
こんな感じで、キャップを取り付けて販売されているインクカートリッジ。

色は、黒・赤・青の3色です。

価格は200円ほど。

ぺんてる トラディオプラマンはインクにキャップと下部を取り付けるだけ
インクカートリッジに本体のキャップと軸部分を取り付けるだけでインク交換が完了!

インクで手が汚れてしまった…!ということはありません。

ぺんてる トラディオプラマンのインクカートリッジのみでは書きづらい
てことは、インクカートリッジだけでも使えちゃう?と思ってしまいますよね?

使えないことはないけど、握りづらいので本体がある方がいいです!

海外モデルはインクカートリッジが透明

ぺんてる トラディオプラマンの海外デザインと定番デザイン1
このレビューを書いていて気づいたのですが、海外モデルはインクカートリッジの色が透明!クリア!

国内で販売されている定番のものはインクカートリッジがクリアブラックです。

ぺんてる トラディオプラマンの海外デザインと定番デザイン2
全く色が違いますよね?個人的には透明の方がスッキリしていて好き!

ぺんてる トラディオプラマンの海外デザインと定番デザインのグリップ色のち外
しかし、日本では透明のインクカートリッジが販売されていませんでした。インクがなくなったら、クリアブラックのインクカートリッジを使うしかなさそうです。

独特な書き心地なので一度試して欲しい!

ぺんてる トラディオプラマンで書いたところとインク色
黒は海外モデルのあまり使っていないもので書いたので、ちょこっと細めですね!使うたびに太くなっていきます。

力の入れ具合やペン先の角度によって、太さを変えられるところがプラマンシリーズのいいところ。

ぺんてる トラディオプラマンを立てて書いているところ

ぺんてる トラディオプラマンを寝かせて書いているところ
立てて書いたり、寝かして書いてみたり。

ぺんてる トラディオプラマンで書いたところ
下の方がトラディオ・プラマンで書いたもの。上はプラマンで書いたものです。

トラディオプラマンの方が少し太めかな?

ぺんてる トラディオプラマンとプラマンの太さの違い
線を書いてみました。どちらも書き心地はいいけれど、わたしはトラディオの方が好み。

書き心地が柔らかく感じます!(個人差や力具合もあるかもしれない…)

ボールペンも便利だけど、一度プラマンを使って欲しい

ぺんてる プラマンで書いたところ比較
プラスチックのペン先の水性ペンと筆ペンが合わさったような独特な書き心地のプラマン。

インクが交換できないけど、カラーが豊富なプラマン。

インクが交換できて、見た目も万年筆のようなトラディオ・プラマン。

どちらもいいところがあるので、ぜひ試してみてください!

字を書くのが楽しくなるし、字が上手くなったように感じてしまうかも。

記事内の上下にあるBookmark ボタンでお気に入りの記事を保存できます。
また見たい!と思う記事がありましたら、ぜひ登録してみてくださいね!

Follow me

わたし
このブログを見て買ったものなどがありましたら、SNSでコメントやシェアしてくださるとうれしいです!
タケナカナミのモノ紹介レターを配信しています