SOU・SOUのカメラ風呂敷はカメラを持ち歩くのが楽しくなるアイテム【レビュー】 – blancoo house

SOU・SOUのカメラ風呂敷はカメラを持ち歩くのが楽しくなるアイテム【レビュー】

SOU・SOUのカメラ風呂敷はカメラを持ち歩くのが楽しくなるアイテム【レビュー】

今までカメラをそのまま斜めがけにして出かけていたりバッグの中にそのまま入れていたのですが、もう少し大切に扱わないとなーと考えていたんです!(ガンガンと壁などに当てちゃうので笑)

カメラバッグがもちろんいいんですけど、持っているALPHA INDUSTRIESのMA-1デザインのカメラバッグは保管用になってしまってしまいました。

その上服に合うカメラバッグはなかなかなくて、いいなと思っていた海外サイトのものはすべて廃盤になっていました。バッグにカメラ用のインナーバッグを入れてもいいけど、なんか違う!!

てなわけで、前々から気になっていたカメラを包むSOU・SOUのカメラ風呂敷を購入してみました。

2年前くらいから欲しいとは思っていたけれど、裏表どちらも好きな柄が使われているものがなかったんです!妥協したくなかったので我慢していました笑

先月ふとSOUSOUのサイトを見ていたらKYOTO GRAPHIE(京都国際写真祭)コラボの柄が発売されていて、柄がツボすぎて即買いしたって感じです。

  • 素材感がいい
  • 思っていたよりも包みやすい

今使っているシルクの組紐のストラップとも相性◎なので、買ってよかったなーなんて思っています!

わたし
この風呂敷は、カメラを守ってくれるしデザインもいい!カメラバッグが苦手な方にもおすすめです。

スポンサーリンク

実物を見ずに購入したら、素材感も柄もよかった

表面の柄はKYOTO GRAPHIE
これがわたしの一目惚れした柄です。ストライプやボーダーの白黒が好きなので一目惚れ。

表面の柄はKYOTO GRAPHIE2
5月13日で終わってしまったけれどKYOTOGRAPHIE international photography festival(京都国際写真祭)という国際的なフィルムフェスティバルの公式グッズとして発売されたもの。

知ったのが遅かったので行けなかったのですが、さまざまななギャラリーで写真が展示されているようなので来年行ってみたいなーと思いました。


素材は中綿の入った伊勢木綿。特有の毛羽立ちがありますが、手ぬぐいも使われる素材なのでかなり手触りが良いです。

夏場でも暑苦しくないサラっとした手触りが特徴。洗えば洗うほど生地が柔らかくなるようなので楽しみ!!

表面の柄はKYOTO GRAPHIE3
裏側はSOU・SOU定番の数字柄(SO-SU-U)。SOUSOUと言えばこの柄ですよね!好きです。

裏側はSOUSOU定番の数字柄2
暗めの色だと毛羽立ちが目立ちますが、手触りがめっちゃ良いのです。実際に触ったら欲しくなるやつ。

SOUSOUのカメラ風呂敷はちょっと薄め
中綿が入っているけれど、そこまで分厚くはありません。カメラ用としてはもちろん、レンズを守るのにも役立ってくれそう!!

レンズを留めるゴム
ゴムの部分はワインレッドやボルドーカラーに近いです。

ゴムはきっちり補強されています
ゴムの耐久性がどうなのかな?と思っていたけれどしっかり補強されているので安心かも!あまり負担がかからないように使った方がいい気はします。

製造会社とSOUSOUのタグ
伊勢木綿とSOU・SOUのタグ。こだわった素材で作られているのだなーと実感できます。

製造会社のタグ
三重県津市で伝統工芸伊勢木綿を織り続ける江戸時代中期創業の織屋の臼井織布株式会社。

伊勢木綿を手にしたのは初めてでしたが、日本の伝統的な素材って知っておかないとなと思いました。

伊勢木綿の着物もあるようなので、気になっています。自宅でお手入れのできる伊勢木綿素材なので、浴衣のように簡単にお手入れできるらしいですよ。

スポンサーリンク

パナソニック LUMIX GM1をカメラ風呂敷で包んでみた

sousouカメラ風呂敷 開いた状態
レンズを中心に向かって置きます。逆側にゴムがくるように配置します。

カメラ風呂敷にカメラを置く
中央から2~3cmほど離して置きました。

sousouカメラ風呂敷を折りたたむ
そして余っている方の布をカメラの方に向けて、半分に折る!

SOUSOUカメラ風呂敷を折りたたむ2
そして左右の布をカメラの近くで重ねる。

SOUSOUカメラ風呂敷を折りたたむ3
ゴム部分をレンズの近くに持ってきて固定!このときに形を整えたほうがいいかも。

SOUSOUカメラ風呂敷でカメラを包む
そしてレンズにゴムを掛けます!完成!!思ったよりも簡単に包むことができました。

SOUSOUカメラ風呂敷でカメラを包む2
レンズを上に向けて見るとこんな感じ。


上から見るとこんな感じ。GM1はかなり小さいカメラなので、布がかなり余っています!!

スポンサーリンク

ライカQやMを包んでみると?

裏側はSOUSOU定番の数字柄3
これはもう手元にない、ライカM。ズミクロンの50mmのレンズをつけているので、レンズはかなり細いです。

SOUSOUカメラ風呂敷でライカMを包む
本体は大きいけれど、レンズが小さいのでちょっとブサイク!!笑

ライカQを包んでみる
次はライカQ(横13×高さ8×奥行き10cmほど)。これはレンズ一体型ですが、レンズは太めです。

SOUSOUカメラ風呂敷でライカQを包んだ状態
いい感じにフィットしてくれました。ストラップを付けたまま包めるのもいいですね!

カメラ風呂敷/KYOTOGRAPHIE 2018 【typeA】 – SOU・SOU netshop

SOU・SOUのサイトでは幅12×高さ8×奥行13cm(レンズ込み)であるパナソニック LUMIX DMC-G6Wを包んでいました。

この風呂敷のサイズが32×32cmなので、大きめのカメラになると包みづらいかもしれません。

首から掛けてみるとこんな感じになります

SOUSOUカメラバッグを首から下げると
これはMを包んだものなのでかなり変な形です!!他のカメラだともっとカッコイイ形になるのでご安心下さい。

Mはレンズが小さいのでちょっとブサイク
レンズが細いカメラだとこのようになります。

わたし
わたしが不器用なのでキレイに包めていないだけかもしれない笑

最後に

このKYOTOGRAPHIE 2018コラボのものはK京都岡崎蔦屋書店、SOU・SOUnetshop のみの取扱です。

SOU・SOUカメラ風呂敷一覧

コラボアイテム以外の定番アイテムはSOU・SOUのショップでも取扱されていて、もちろんネットストアでも販売されています。

価格は、2,808円から3,024円。KYOTOGRAPHIE 2018コラボのものは、3,024円です。

「カメラを持ち歩きたいけど、カメラバッグはあまり好きではない。」

「カメラは首から掛けて出かけるけど、手軽に保護したい。」

って方には最適なアイテムだと思います!!

他のメーカーからもカメラを包むアイテムは販売されていますが、日本の伝統の生地を使用したものは見つけられませんでした。

手触りがよくて、デザインもよくて、カメラを素敵な守ることができるカメラ風呂敷!カメラを持ち歩くのがもっと楽しくなるアイテムなので、気になる方は是非チェックしてくださいね。

最後までお読みくださりありがとうございました。ではまたー!

次に読むならカメラストラップの記事

camera-strap-1

丸紐のカメラストラップが好きなので、シルク素材とポリエステル素材を使っています。長さ調整はストラップをくくるだけなので簡単!!

スポンサーリンク

Recommend&Sponsored