パナソニックのプレミアム扇風機「RINTO(リント) F-CWP3000」がすごい!素材も価格もプレミアム。

パナソニックのプレミアム扇風機「RINTO(リント) F-CWP3000」がすごい!素材も価格もプレミアム。

こんにちは! blancoo_house(@blancoo_house)です。

昨日、パナソニックの扇風機が発表されていたのですが、一目見ただけで、「これすごい!!」と思ってしまうデザインと素材の扇風機でした。

調べてみると、やはりプレミアムモデルとして販売されるようです。
一目惚れして、「これ!欲しい!!」と思ったのですが、価格がすごい…。

詳細などをまとめてみました。

スポンサーリンク

パナソニックのプレミアム扇風機「RINTO F-CWP3000」がすごい!素材も価格もプレミアム。


レトロな雰囲気が漂っているけど、機能は最新の扇風機なんです。

素材にもこだわり

ポールはウォールナット

Oberfläche Wohnzimmertisch
Photo by Martin Lorenz [CC BY-SA 3.0]
この扇風機はウォールナットのポールが使用されています。世界三大銘木のひとつであるウォールナットは、高級家具などに使われている印象がありますよね。

上質ウォールナットの無垢一枚板から削り出した
美しい茶褐色ポールは RINTOの存在感、世界観そのものといえます。
その両端のメタルアクセントは、
ガードマークからベースまでの直線状に配置。
太く逞しいウッドポールに自然な緊張感を与えます。
パナソニックより

本物の木が使われた扇風機なんて見たことがないですよね?ポールを見ただけでパナソニックさんのこだわりが凝縮されているのがわかりますね!!

モーターが小さくなり、美しい円錐型のフォルム


パナソニックプレリリースより

RINTOの開発チームは、扇風機づくり100年の歴史によって培われた
大胆な発想と繊細な技術で、
コンパクトかつ美しい円錐形状フォルムを実現しました。
表面からは一切のネジ・ビスが見えず、
ポールごと回転するその姿は360度、
どこから見ても美しく、空間全体に堂々たる品格を漂わせます。
パナソニックより

横から見ると羽の周りのフレームが円錐型をしているんです!!ほとんどの扇風機が平べったい円柱型ですよね。
少しレトロに見えるのはこのフォルムも関係しているのかもしれません。

羽の色はこだわりのあるべっ甲色

見ての通り、羽の色がべっ甲色!ポール先端のゴールドとべっ甲色とウォールナットの色の組み合わせは、本当に高級感がありますよね。

詳しくは公式の動画をどうぞ

パナソニックの公式ページにさまざまなテイストの部屋とコーディネートした画像があるのですが、思っていたよりもさまざまなテイストにマッチするんですよね。

和・シンプルモダン・北欧などなんでもいけちゃいそうなデザインです。

値段は10万超え?

今は見れないのですが、昨夜とあるネットショッピングサイトで12万後半と表記されていました。(今は見れないので、確実ではありません。すみません…)
うん!これは買えへんな。」と夫と二人で話していました笑

あっ、アマゾンなども予約受付中のショップがありますね!

12万円以下のショップもありますが、扇風機に10万以上は手が出せそうにありません。
それならグッドデザインなエアコンを買うでしょう!!

発売は5月20日!

発売は5月20日のようです。まだまだ先ですねー。

まとめ

こだわりのデザインや素材にもびっくりしたのですが、一番びっくりしたのは値段ですよね!!

温度センサーがついているし、最新の機能も搭載しています(もちろんDCモーター)。リモコンも操作部分のベースもかっこいいんですけどね…高い。

素材やこだわりの部分を見てしまうと、納得する自分もいるのですけど…。あっでも高級なインテリアと思えばありなのか?工芸品や高級家具的な。

実物が見てみたいなーと思っちゃう、パナソニックさんの本気家電が「RINTO(リント)」ですね。

昨年は扇風機のまとめの記事をアップしていたのですが、今年もアップしようと思っております!!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。ではまた///

スポンサーリンク

合わせて読みたい記事

Follow me