トンボ鉛筆のZOOM707の30周年記念ボールペンがかっこよすぎる!【購入レビュー】

トンボ鉛筆のZOOM707の30周年記念ボールペンがかっこよすぎる!【購入レビュー】

カッコイイボールペンで思い浮かぶのは、どんなボールペンですか?LAMY(ラミー)のボールペンを思い浮かべた方も多いですかね??

わたしもLAMYのサファリシリーズのボールペンが欲しいと思っていたのですが、実物を使ってみると持った感じボディが太いんですよねー。

で、なにかないのかーと日本のボールペンメーカーのサイトをボーっと見ていたら、好みのデザインを発見!てなわけで購入しました。

細くてコンパクトなので、手帳用のボールペンとしても最適です!なによりもデザインがかっこいい。

スポンサーリンク

トンボ鉛筆のZOOM707シリーズのボールペンがかっこよすぎる!

日本製のボールペンって、使い勝手はいいけど、かっこいいの少ないよね?って思ってませんでしたか?でも、トンボ鉛筆は違うんです!!

なぜかというと、公式サイトで「文具は美しくなければならない」というコンテンツがあるくらい、デザインにこだわりのあるメーカーなんですよ。1966年代の鉛筆削り器から始まり、今回紹介する「ZOOM707」も1988年にさまざまなデザイン賞を受賞しているのです!

こんなにデザイン賞を受賞している文房具があるのに、知らなかったわたしって……、って思ってしまうほど。

かっこいいーって思える文房具は多数あるのですが、今回はZOOM707を紹介していきますね。 細身のボディだけど、男性でも使い勝手がいいんですよ(2本買ったので、夫も使っています!)

ZOOM707ボールペンってどんなデザインなの?

zoom707-6
金属の質感がいきています!

zoom707-5
クリップ先端のボールがアクセント。球体ってなんでこんなにかわいいのだろう。

zoom707-4
最初はどうやって使うのか迷いましたが、なんとか使えました。

zoom707-3
ZOOM707とトンボのロゴ入り。

購入したのは、30周年記念モデル

zoom707-2

30周年記念特別限定品「ZOOM707」は、愛称“ストリング”と呼ばれていたファーストモデルと同じフォルムのボールペンとシャープペンシルです。ボディをシルバーの光沢とマットな加工で上品に仕上げました。
30周年記念特別限定品
ZOOM505、ZOOM707発売 | 株式会社 トンボ鉛筆

実はわたしが購入したのは、10月に発売された30周年記念の6,000本限定モデル。シルバーとブラックの組み合わせがかっこいいのです!!

30周年記念と通常販売されているもの違いってなんなの?と思われましたか?

  • グリップ部分の素材(30周年モデルは金属、通常モデルはラバー素材)
  • カラーリング
  • 30周年記念のロゴ入り

違いはただこれだけなんです。使い勝手はほとんど変わりませんが、カラーが好きすぎて限定モデルを購入しました。(値段は1,000円ほど違います)

通常モデルはどんなカラーリングなの?

zoom707-7

現在は、赤系のカラーが多め。ブラックと赤の組み合わせも好きなんですけど、文房具はシルバーが好きなんです。クルトガ(シャープペンシル)もシルバーモデルです。

楽天市場では過去のモデルが売っていたりするので、違うカラーも見つかるかも!zoom707のシャープペンシルもボールペンもチェックしてみてくださいね。(限定モデルも通常モデルも検索できます)

スポンサーリンク

727シリーズもおすすめ

zoom707-8
実は、これもかっこいいんですよ!少しデザインが違う727シリーズ。真鍮から削りだしたボディ。本当はコレを買おうかなって思っていたんですけどね。カラーリング的に707になりました。

最後に

日本の文房具メーカーも海外の文具メーカーに負けてないんですよねー。

あと個人的に気になっているメーカーは、OHTO(オート)のカプセル4という多機能ボールペンです。油性ボールペン三芯とシャープペンシルの組み合わせ。

三菱のスタイルフィットマイスターも気になる。

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

次に読むならジェットストリーム用のカスタムグリップの記事

smartgrip-jetstream-6
ジェットストリームやフリクションボールのグリップを金属製にするだけで、かなり高級感がアップするんです。

Recommend&Sponsored

スポンサーリンク

スポンサーリンク