またまた発見!グッドデザインなエアコン「ダイキン UXシリーズ」

またまた発見!グッドデザインなエアコン「ダイキン UXシリーズ」

おはようございます!
本日の日経新聞で発見した、新製品。

またエアコンがグッドデザインなのです!!それも個人的に好きなダイキン工業さんのもの。

スポンサーリンク

ダイキン デザインエアコン UXシリーズ

まずは、公式動画を見てみてください。

キューブ型ではない、左右が薄い曲面型のウェーブデザイン。中央の厚さは21cmで、従来の半分だとか。ヨーロッパで人気のデザインらしいですよ。
f:id:blanc0406:20160223091938p:plain

特徴

1.「インテリアとの調和」をコンセプトに、壁との一体感を感じさせるデザイン
2. デザイン性に加え快適性も追求
・ 人感センサーと上下左右の自動風向制御により風を感じない気流を実現
・ 無線LAN接続アダプター(別売品)との接続で、外出時の遠隔操作が可能
・ 1日4回、曜日毎の運転スケジュールを設定可能なウィークリータイマーを搭載
3. 住宅用マルチエアコン特有の多様な組み合わせで、あらゆるニーズに対応
・ 部屋の形やインテリアに合わせて、1台の室外機で天井埋込カセット形や壁埋込形、床置形、床暖房など様々なタイプの室内機と組み合わせが可能

ダイキンWEBサイト

f:id:blanc0406:20160223092146p:plain
曲面型だと「壁と馴染まないんじゃないかな」と思いましたが、意外と馴染みますね。
ダイキンWEBサイト

f:id:blanc0406:20160223092238p:plain

横から見るとこんな感じ
ダイキンWEBサイト

おまけに、1台の室外機に複数のエアコンを接続できる、マルチエアコンなんだとか。
家を建てた経験がある人にはわかる「どこに室外機置こう?」の悩みが解決されますね。

そして人感センサーも搭載で、機能が省かれているってこともなさそう。

デザイナーは誰? 

Alexander Schlag(アレクサンダー・シュラッグ)氏について
yellow design gmbh(イエローデザイン社)代表。1999年 ダルムシュタット専門大学のインダストリアルデザイン学科卒業。歴史あるデザインプラクシス・ディーナー社勤務を経てイエローデザイン・フォルツハイム・オフィスに参加。
2011年よりyellow design gmbhの代表を務めており、乳幼児用商品から万年筆などの筆記用具、電子精密機器、家電製品、ショールーム・見本市会場の空間デザインに至るまで、幅広い領域のデザインを手掛けている。

デザイナーについては、好きな方しか知らないので、知りませんでした。(すみません)
ヨーロッパダイキンが手がけたとのことで、やはりヨーロピアンテイスト。

カラーバリエーション

シルバー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/blanc0406/20160706/20160706153328.png

ホワイト

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/b/blanc0406/20160706/20160706153540.png

詳しくはこちらに書いています。

発売日

2016年10月1日。

室外機

2016年10月1日発売されました。でもこちらのUXシリーズが発売されているのがわかっていたら、三菱のFZ・FLシリーズとどちらにするか迷う事ができますね。早急に必要なら、三菱一択になってしまいますが。。。。

実は、ダイキンのUXシリーズは過去にもグッドデザインのエアコンが発売されています。

過去のUXシリーズ

f:id:blanc0406:20160223093558p:plain

f:id:blanc0406:20160223093459p:plain

わかりますかね?これスクエアフォルムなんです。
欲しいと思ったときに廃盤になってて、悔しかったのを思い出しました!

f:id:blanc0406:20160223093807p:plain
当時のスペシャルサイトのスクショお借りしました。ーhttp://blogs.yahoo.co.jp/isomeking/10145058.html

当時(2010年くらい?)、家を建てている方がこぞって取り上げていたエアコンだったので、新発売のUXシリーズを見て思い出しました。


スクエアフォルムか、曲面のヨーロピアンデザインが迷っちゃいますねー。
パナソニックさんもスタイリッシュなエアコン出してきそうな予感!!

これからのエアコン商戦が個人的に楽しみです。
うちのエアコンはまだいけそう。。。欲しいのに。。。。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。ではまた///

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スポンサーリンク

Follow me

関連記事

CATEGORY :