漆喰壁により快適!!!電気代もいい感じな熱交換換気システム。

スポンサーリンク







漆喰壁により快適!!!電気代もいい感じな熱交換換気システム。

ご無沙汰しております。
暑くて、暑くて、なんもやる気にならず。。。。

でも仕事はしないといけないし。

そんなわけでブログサボってすみません。

誰も見てないかもしれませんが、ごめんなさい。

漆喰の家、メタフィスハウスの住み心地はというと。

快適!!!

漆喰の水分がまだまだ抜け切れていませんので、湿気は多めの室内。

プラス大阪の蒸し暑さ。

でもマンションの最上階と比べると、涼しいです。

だってメタフィスハウスはデザインだけでなく、性能でも選びましたので。

熱交換換気システム
空調と換気を計画的に行うことができ、熱交換率90%
(実行データ)以上の換気システムで新鮮な空気を適切な量、
各部屋に供給します。空調と換気を同一ダク トにまとめることで
コストが下がるほか、全館に1台のエアコンで快適な温熱環境を
つくりだすので、電気代だけでなく、排出CO2も減ることになります。第3種換気を行うより、外部の気温や湿度に左右されにくくなります。

仕様・性能 | METAPHYS HOUSE

マーベックスという会社の「澄家Eco」換気システムというものが床下に設置されています。

f:id:blanc0406:20150821115448p:plain

http://www.mahbex.com/e-sumika_tokutyo.html

夏は、

夏の涼しい床下を利用
●冷房時は冷えた排気ダクトで床下を冷やし、かつ熱交換器で排気を冷やして床下に給気。
●熱交換器で外給気の湿気を回収して屋外に排気。除湿された外給気が床下に給気。
●地熱と排気熱で冷やされたベタ基礎コンクリートの効果で床下温度は安定し、健康で快適な室内環境。

冬は、

冬の暖かい床下
●暖房時は、温かい排気ダクトで床下を暖め、かつ熱交換器で排気熱を回収して床下に給気。
●熱交換器で排気から湿気を回収し、これで給気を加湿する。冬の過乾燥防止に有効。
●地中熱と排気熱で暖められるベタ基礎コンクリートの効果で、床下温度は安定し、健康で快適な室内環境です。

上記のようなシステム。

f:id:blanc0406:20150821115748p:plain

電気代もあまりかからず、フィルターにより花粉も除去。
花粉症のわたしにはありがたいです!

あとはメタフィスハウスは、断熱性能も優れています。

f:id:blanc0406:20150821120314p:plain

コンセプト | METAPHYS HOUSE

正直この家は窓を閉めていた方が涼しかったりしますw

ありがたい!!!

といいましても、エアコンもつけますけど。。。。

Namiさん(@blancoo73)が投稿した写真

うちには、リビングと仕事部屋をつなぐ吹き抜けがあります。
開放的でいいなーと思っていました。

エアコンの取り付けにきた業者さんからの一言。

この吹き抜けあるから、冷えにくいかもしれないですねーって。。

まじか。
いやでも換気システムあるから大丈夫!!!!

なんて思っていました。

就寝時、

一階にはうさぎさんと母。

二階には夫・私・息子。

二階の一台ですべてが涼しくなるかなーと思っていましたが、

やはりそうはいかず。

一階・二階の一台ずつエアコンをつけています。

マンションから一戸建てに引っ越して一番気になる光熱費。

夏は特に電気代。

結論、思ったより安いっす。

f:id:blanc0406:20150821121551p:plain

うちは大阪に住んでいるので、電気は関西電力。

関電は新築の家の電気メーターは遠隔検針式のスマートメーター。

http://www.kepco.co.jp/corporate/info/smartmeter/images/index/img01.jpg

www.kepco.co.jp

なにができるかといいますと、検針に誰もこなくてよくなったんです。

そしてもっといいこと。

はぴeみる電で1日の電気使用量が見れるのです!!!!

はぴeみる電 [関西電力]

f:id:blanc0406:20150821121441p:plain

一時間ごとも見れるよー!!!

これでなんとなくの1ヶ月の電気代が把握できるので、
ビクビクしなくなりましたwww

あれ??なにの話がメインやったか忘れましたが、

快適!!!

って感じですww

さりげなくROOMCLIPも始めました。

フォローしてくれたら、めっちゃ喜びます。

roomclip.jp

インスタに載せてない写真がさりげなくありますよん。

Namiさん(@blancoo73)が投稿した写真

では洗面と洗濯機の写真を。

ではまた/////

スポンサーリンク







合わせて読みたい記事



(最終更新:2017-03-27)
CATEGORY :