温度調整や保温のできるおしゃれな電気ケトルを探してみました!デザインも洗練されています

温度調整や保温のできるおしゃれな電気ケトルを探してみました!デザインも洗練されています

個人的にデザインが大好きなのが「FELLOW STAGG KETTLE」。

このケトルが電気ケトルだったらいいのになー」と思っている方は多いのでは??わたしも思っていました。

少し前に本当に電気ケトルバージョンが発売されて、なんと温度調整や保温もできちゃうもの。

日本で発売されている他の電気ケトルも温度調整が可能なものが増えたのか探して見ると、デザインのいいものが増えていましたよ!

デザインの良いものをメインにピックアップしてみましたので、参考になるとうれしいです。

スポンサーリンク

デロンギ アイコナ 温度調整機能付きの電気ケトルも登場

2019年3月1日に、温度調整機能付きのアイコナが発売されました。

ボタンを押すだけで50、60、80、95、100℃の5段階設定が可能。保温時間は20分!

スタイリッシュなデザインに温度調整機能付き!これは欲しくなる方がたくさんいらっしゃるかも。

個人的には台座が大きすぎるなぁと実物を見て思っちゃいました。

あと電源ボタンが台座にあるのが珍しかったですよ。

ドリップ用にならコンパクトなapixの温度調整つき電気ケトル AKE-290

容量が0.1〜0.4Lとかなり容量は少なめ。だからこそコーヒーのドリップに最適な電気ケトルです!

このデザインで温度調整が60〜100度まで調整できるってすごくないですか?

バルミューダもいいけれど、このデザインもいいなーと思いました。

持ち手が合成皮革でアクセントになっているのが素敵!!

周りと違うかっこいい電気ケトルが欲しいならapixの温度調節機能付き電気カフェケトルAKE-290がおすすめ。

FELLOW STAGG EKG ELECTRIC POUR-OVER KETTLE

FELLOW STAGG EKG ELECTRIC POUR-OVER KETTLE

FELLOW STAGG EKG ELECTRIC POUR-OVER KETTLE

34,034円(12/07 16:09時点)
Amazonの情報を掲載しています

キックスターターで話題になった電気ケトル。デザインもいいし、一目惚れでした。

約60℃から100℃まで温度を設定可能!!

設定温度とリアルタイムの温度が知れる液晶ディスプレイがあったり、30分間保温してくれたりも。

スタイリッシュなデザインならこれで決まりだけれど、並行輸入品だからオススメはできません。

わたし
何度も海外サイトで買おうとしているけれど、日本発送できません…。

レコルト スマートケトル ブラック RSMK-1


温度調整のできる電気ケトルは台座部分に温度調整の表示のあるものが多いですが、このレコルトのスマートケトルは本体の持ち手にあります。

50~100℃の範囲で5℃ずつ温度設定して沸かすことができて、30分なら自動保温してくれます。

デザインもスタイリッシュで、持ち手のデジタル表示でお湯の温度も表示してくれます。

HARIO(ハリオ) V60 温度調整付きパワーケトル Buono(ヴォーノ) EVKT-80HSV

ハリオ定番の電気ケトルヴォーノも温度調整が可能なモデルが発売されています。

湯温は60℃〜96℃の範囲で設定でき、加熱後は15分間の保温が可能!

コーヒーを作るとき電気ケトルで沸かして、わざわざドリップケトルに移し替える方も多いですよね?でもこれなら一台でまかなえてしまいます。

コーヒー好き必見ですね。

BODUM BISTRO ケトル11659、ホワイト 11659-913JP

個人的にめちゃくちゃデザインが好きなのが、このBodumの電気ケトル。我が家ではBodumのダブルウォールグラスを愛用しています。

5つの温度設定:60°C、70°C 、80°C、90°C があり、30分間の保温ボタンもあるようです。

並行輸入品のみだったのですが、ディノスやAmazonで2019年から販売開始されました。

ディノスのオンラインサイトでも購入できますよ。

山善 電気ケトル 0.8L おしゃれ (温度設定機能/保温機能/空焚き防止機能)


マットなブラックで、細い注ぎ口が特徴的!

コーヒーのドリップもしやすい形状で、60度から100度まで1度単位の温度調整が可能。

日本茶やコーヒーは温度管理をするのが大切なので、細かく温度調整できるケトルは◎

OXO ON 電気ケトル コーヒードリップ 温度調整機能 タイマー付き 国内仕様 1.0L

なによりもデザインがかっこいい電気ケトル。

40~100℃まで1℃単位で好みの温度設定ができて、自動で30分の保温モードに。

コーヒーの抽出に便利なカウントアップタイマー機能があるので、これもコーヒー好きさんにおすすめ。

Vitantonio ACTY 温調ドリップケトル

50~100℃温度調節機能があって、温度到達後保温30分&自動電源OFF機能もあり!

元ブルーボトルのトップバリスタ監修で、持ち手部分は天然木のブナ。

色合いや素材感など、男性が特に好きそうだなと思いました。

発売は2020年2月の予定 Karita 温度調整電気ケトル

Karita(カリタ)電気ケトル KEDP-600

新製品の電気式ドリップ専用ポット「KEDP-600」は、「みせたくなるポット」、「ノズル式ケトル(ポット)では世界初(※)となる転倒時漏れ防止機能付き」というコンセプトのもと、開発コード「アラジン(Aladdin)」として1年前より開発がスタートしました。ー老舗コーヒー器具メーカー『Kalita』が新製品電気式ドリップ専用ポット「KEDP-600」を発表。|株式会社カリタのプレスリリース

見た目が美しく、置いているだけでも様になるデザインです。

見た目だけではなく、転倒時にお湯漏れ防止もしてくれるらしいです。すごい!

倒れてもこぼれないノズルタイプに電気ケトルは世界初。2020年2月の発売が楽しみです。

2019 年度 GOOD DESIGN AWARD を受賞!

温度調整電気ケトルが電気ケトルの定番になりそう!

探してみると、日本でも温度調整や保温が可能な電気ケトルが増えていました。

海外で売っているものはかっこいいモノが多いですが、いろいろと心配なのでわたしは日本で販売されているものをおすすめします。

お気に入りの温度調整可能な電気ケトルがありましたら、ぜひチェックしてくださいね。

次に読むならデザインの良い電気ケトルをピックアップした記事

スポンサーリンク