温度調整や保温のできるおしゃれな電気ケトルをピックアップ。温度調整も保温もできるものが増えました

温度調整や保温のできるおしゃれな電気ケトルをピックアップ。温度調整も保温もできるものが増えました

個人的にデザインが大好きなのが「FELLOW STAGG KETTLE」。

このケトルが電気ケトルだったらいいのになー」と思っている方は多いのでは??わたしも思っていました。

少し前に本当に電気ケトルバージョンが発売されて、なんと温度調整や保温もできちゃうもの。

日本で発売されている他の電気ケトルも温度調整が可能なものが増えたのか探して見ると、デザインのいいものが増えていましたよ!

デザインの良いものをメインにピックアップしてみましたので、参考になるとうれしいです。

スポンサーリンク

保温ができる電気ケトル

象印 電気ケトル 800ml 1時間90℃保温機能つき CK-AW08-TM

象印 電気ケトル 1.0L 1時間90℃保温機能つき CK-AW10-TM

個人的にはこの象印のケトルのデザインは好みではないけれど、倒れにくい構造なのがうれしい電気ケトル。

1時間90℃に保温してくれるのは、本当にうれしくないですか?

朝起きてお湯を沸かして、1時間後にまたコーヒーやお茶などを90℃のお湯で作ることができます。電気代の節約にもなりますね。

カルキを飛ばしてくれる機能もあり、日本メーカーらしい使い勝手も良さが考えられた電気ケトルです。

保温も温度調整もできる電気ケトル

ティファール 電気ケトル 0.8L アプレシア エージー・プラス コントロール オニキスブラック

温度調整も保温もできると話題になりましたが、当時からFELLOW STAGG EKGは販売されていたような気がします!!

スタイリッシュな温度調整が可能な電気ケトルが増えてきたので、個人的にはこれはあまり好みではないかな…。

FELLOW STAGG EKG ELECTRIC POUR-OVER KETTLE

キックスターターで話題になった電気ケトル。デザインもいいし、一目惚れでした。

約60℃から100℃まで温度を設定可能!!

設定温度とリアルタイムの温度が知れる液晶ディスプレイがあったり、30分間保温してくれます。

スタイリッシュなデザインならこれで決まりだけれど、並行輸入品だからオススメはできません。

Bodum 電気ケトル 11659-913US 1L Bistro Electric Water Kettle(並行輸入)

個人的にめちゃくちゃデザインが好きなのが、このBodumの電気ケトル。我が家ではBodumのダブルウォールグラスを愛用しています。

5つの温度設定:60°C、70°C 、80°C、90°C があり、保温ボタンもあるようです。保温時間については記載されていませんでした。

やっぱり電気製品の並行輸入品は心配ですよね…。オススメはできないかな。

レコルト スマートケトル ブラック RSMK-1

温度調整のできる電気ケトルは台座部分に温度調整の表示のあるものが多いですが、このレコルトのスマートケトルは本体の持ち手にあります。

50~100℃の範囲で5℃ずつ温度設定して沸かすことができて、30分なら自動保温してくれます。

デザインもスタイリッシュで、持ち手のデジタル表示でお湯の温度も表示してくれます。

HARIO(ハリオ) V60 温度調整付きパワーケトル Buono(ヴォーノ) EVKT-80HSV

ハリオ定番の電気ケトルヴォーノも温度調整が可能なモデルが発売されています。

湯温は60℃〜96℃の範囲で設定でき、加熱後は15分間の保温が可能!

コーヒーを作るとき電気ケトルで沸かして、わざわざドリップケトルに移し替える方も多いですよね?でもこれなら一台でまかなえてしまいます。

コーヒー好き必見ですね。

OXO ON 電気ケトル コーヒードリップ 温度調整機能 タイマー付き 国内仕様 1.0L

なによりもデザインがかっこいい電気ケトル。

40~100℃まで1℃単位でお好みの温度設定ができて、自動で30分の保温モードに。

コーヒーの抽出に便利なカウントアップタイマー機能があるので、これもコーヒー好きさんにおすすめ。

探してみると、日本でも温度調整や保温が可能な電気ケトルが増えていました。

海外で売っているものはかっこいいモノが多いですが、いろいろと心配なのでわたしは日本で販売されているものをおすすめします。

お気に入りの温度調整可能な電気ケトルがありましたら、ぜひチェックしてくださいね。

次に読むならデザインの良い電気ケトルをピックアップした記事

スポンサーリンク

Recommend&Sponsored

スポンサーリンク